喜屋武岬

l3

沖縄本島南部の糸満市にある喜屋武岬(きゃんみさき)は本島の南端にあり、沖縄戦跡国定公園に指定されています。沖縄戦で米軍に追いつめられ、自決するために身を投げたという悲惨な歴史があります。
喜屋武岬からの風景は180度のパノラマで青い海が広がり、水平線が曲がって見えるので地球が丸いのを実感できます。
沖縄本島最南端と言われたりしますが、海に向かって左側に突き出た岩があります。そこをを荒崎といい、ここが喜屋武岬より400mほど南に出ています。
眼下の海は透明度が高く晴れた日はとてもきれいな海です。景色だけを楽しむのもいいですが、ひめゆりの塔で沖縄戦を学んだ後に訪れるとまた違うと思います。
喜屋武岬へ行くまで狭いカーブの道があります。見通しも悪く危険ですのでゆっくり運転しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です