レベルアップテスト ペーパーテスト編

スピーキングのレベルアップテストが散々だったから、受ける気は失せてましたが、とりあえずどんなものかと思って受けてきましたよっと。

問題自体はリスニング、リーディング、ライティングでリスニングとリーディングはTOEICに出そうな問題というか、そのままな感じ。

リスニングは、伸びたかなーと思ってたけど、やっぱりボキャブラリーの壁で撃沈しましましたね。聞き取れるんだけど、単語の意味がわからないから全体の雰囲気だけでなんとか回答を導いてるため、完璧にわかったというのは数問。

リーディングもボキャブラリーの壁は厚かったが、2か月前に比べて意外と薄くなったかもと思えました。少しは、知ってる単語が増えたんじゃなかろうか。知ってるだけで、会話では使えてないんだけどね。

ライティングは、議題に対して300文字ぐらいの英文を書くことでした。
英作文は意外と伸びた気がしてたんだが、いかんせん議題の意味がよくわかんない問題だったから、いまいちすらすらと書けなかった。というか自分の興味のない議題に対して無理やり英文を作ってるから、いちいち前後の整合性を確認しつつ、正しいセンテンスをつくのは、苦痛以外なにものでもない。

トータルで考えると、入学前に比べて毛ほどは伸びたんじゃなかろうか?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。