東南アジア4カ国の理想のルート

今回の旅は、タイ、ラオス、ベトナム、カンボジアと巡りましたが、今更ながら無駄の多いルートを選択してしまった気がしますね。
最終的には、カンボジアから再度タイに戻って1周した感じになりましたが、このタイに戻るのはいらんかった(´-ω-`)

かといって、カンボジアから直で日本に帰る安い空の旅もなかったから、簡単に入国できるタイに戻るしかなかったんだよなー。

で、一度経験した私の東南アジアの旅を振り返って、もし次回というのがあるならどうやって回るかを考えたルートを発表。

タイのバンコクをスタートするのは変わらないんですが、タイ→ラオス→カンボジア→ベトナム→ハノイから日本が帰国しやすいかなと思ったり。。。
私が旅を始めるときに全く考えつかなかったことが、ラオスからカンボジアへ入国できることを知らなかったんですよね。
このルートを知っていたら、もっと効率よく周れたんじゃなかろうかと思います。

さらに言えば、ラオスはルアンパパーンから先に周るのが効率いいです。
今回の旅では、ヴィエンチャン→バンビエン→ルアンパパーンの順番でしたが、ルアンパパーンからベトナムやカンボジアに抜けるには、結局はヴィエンチャンに戻るルートになりますからね。女の子は、ルアンパパーンから飛行機で近隣国に渡った方が安全と言えば安全なんだが。。。(`・ω・´)

ということで、バンコクからチェンマイに渡って、そっからスローボートでルアンパパーンを目指すルートをお勧めします。
スローボートの陸路越えとか面白い経験もできますし、バンコクとチェンマイを周れば、タイの雰囲気は十分に分かります。
んでそっからルアンパパーンから南下してバンビエンと首都のヴィエンチャンの3都市を観ればラオスも大体把握できます。

そのあとは、パクセのフォーサウザントアイランドに行くかカンボジアに抜けるかは気分次第。
カンボジアにそのまま抜けるならクラチェまで南下して、川イルカを観るのもあり。でも、川イルカを観るならフォーサウザントアイランドからのツアーでも見れるから、フォーサウザントアイランドで数日ダラダラしてみてもね。

カンボジアは、先にシェムリアップから攻めて、プノンペン入りでベトナムに抜けるのが一番効率がいいですね。
ただし、ラオスから入国すると、カンボジアの北から入国するからプレアヴィヒア寺院の近くの都市に一泊してからシェムリアップに向かうのもアリと言えばアリ。
シェムリアップからプレアヴィヒア寺院へ向かうのは1日がかりで遠すぎるんだよね。ただし、シェムリアップで10人ぐらいのシェアで行くこともできて、旅仲間を作りやすいという利点もあるんだよなー(゚▽゚*)
私は、一人でプレアヴィヒア寺院を攻めてしまったから、シェムリアップでみんなで共有する楽しさを体験できなかった悔しさもありましたよ。

あと、プノンペンからベトナムに抜ける前にシアヌークビルとロン島へも寄り道するのをお勧めしときますよ。
タイ、ラオス、カンボジアに入ってきたらビーチが恋しくなってきますから、ぜひ行ってみてくださいな。ただし、ロン島は数人で行くことをお勧めしときます。

ベトナムは、南北に海沿いの有名な都市を攻める感じで十分です。

と、こんな感じのルートをもし次回するなら提案してみました。
大体1か月ぐらいの日程で周れる予定です。今回みたいにダラダラバイクで移動しない限りはね。

それと、これに追加で、シンガポールからスタートして、陸路でマレーシアとタイ南部の離島を追加しとけば、もっと面白い旅ができていたんじゃなかろうかと後悔しているのは内緒。
なんとなく、東南アジアのスタートはバンコクだろうという先入観で安易にバンコクinにしたのが悔やまれます。

スポンサーリンク
ブログランキングに参加してます。
もし、記事が役に立ったと感じられましたら、クリックをおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村 東南アジア旅
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。