アップルのファームジョブ

3/25
アップル初仕事。

スタンソープにきた目的の第一目標だったアップル。
その出来はいかんともしがたかった。

一ビン34ドル。
周りに聞いてる感じだと、一ビン35ドルが一般的みたい。
最高で45ドルのところがあるみたいだけど、どこのファームかわかりません。
あと一ビン50ドルのところがあるみたいだけど、そこはリンゴの種類が違うようです。

で、今日の稼ぎは7ビン。。。3人チームで。(´-ω-`)
一人当たりに直すと2.3ビンぐらい。
ドルに直すと80ドルぐらい。
働いた時間は8時間ぐらい。。。時給10ドル。。。ジャパレス並みの時給。(´-ω-`)

まー初日だから仕方がない。これがそのうち一日5ビンとか6ビンになってウハウハになるはずo(* ̄o ̄)o

4/1
アップル一週間やってみて感想を

アップル伝説はウソである。
アップル伝説とは、イージージョブで、一日300ドル稼げるというもの。

それが、この一週間働いてみて一日に作ったアップルのビンは2か3ビン。
1ビン34ドルだから、一日100ドルぐらい。
働いてる時間は8時間ぐらい。

スタンソープの基本時給が19.2ドルを考えると完全な時給割れを起こしています。

さらに言えば、アップルのピッキングはかなりのハードワーキングを必要とします。
厳密にいえば、稼ぎを度外視すれば、イージージョブになるんですが、時給レベルを求めるとハードワーキングが必要になります。

んで、周りに聞いた感じでは、確かに稼いでいる人は一日に200ドル越えは当たり前の状態になっているみたいですが、その人も最初のころは100ドル以下の日が2,3週間は続いたみたいです。
んで、1か月ぐらいするとそれなりに稼げるようになるみたいです。
がしかし、それなりに稼げるようになっても仕事自体はハードワーキングが必要できついと言っています。

これは、だめかもしれんな。
いまでも、3ビン作るのにヒーヒー言ってる状態なのにこれ以上のハードワーキングで、なおかつ時給以下のお金しかゲットできないとなると働く気力がなくなりますね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。