旅でお世話になったアプリたち

今回の旅で感じたことは、スマホは偉大であるということですな。
普通に日本で暮らしてる時は、電車の時刻表ぐらいしかスマホが便利だと感じられませんでしたが、スマホは旅には欠かせれないアイテムという結論になりましたよ。

一番便利だと感じられた瞬間は、GPSによる現在地の確認が簡単にできるところ。
地元にいれば、自分の現在地が大体推測できますが、海外の土地勘が無いところだと普通に迷子になってましたね。
私の場合はバイク旅でさらに現在地という情報は重要度がむっちゃ高めでした。
まわりに何もない場所とか毎日走ってました。それでも、目的地に無事辿り着けてたのは、全部スマホのおかげです。
ま、しょっちゅう道を間違えてわけわからんところを走ってましたが、軌道修正するのにスマホが無かったらどうなってたんだろうね。

そんなスマホのアプリの中で、今回使用しててお勧めのアプリを紹介しておきます。

Maps.me

地図アプリのど定番はgoogle Mapで、大概のスマホには購入当初からインストールされています。
たしかに、google Mapだけで、ほぼすべての機能は兼ね備えてるから問題はないんです。
ただし、1点だけ不満な点があります。それは、wifiなどのネット環境が無いところだとルート検索ができないという点。
日本だとパケ放題とかに入ってるから気にしたことはありませんが、海外になると自由にネットを使える環境が限られてきますよね。

ありがちなのは、宿から観光スポットまではルートを覚えていたが、帰りの道を忘れてしもうたとかね。
ネット環境が無いからgoole mapが使えずに右往左往。
そんなときに役に立つのがMaps.me。

このアプリは、先に地図データをダウンロードしておくことで観光地でネット環境が無くてもルート検索ができるすぐれものです。
道に迷った時にすぐに別ルートが調べれます。

他の使い方はしらん(`・ω・´)ゞ
ネット環境下ではGoogle Mapを使ってます。
でも、旅先のオフラインだとMaps.me。まじで旅アプリで一番活躍するんじゃなかろうかと思います。

google playはここ
iphoneはしらね(`・ω・´)

gogole翻訳

本当のところでは、旅行で語学が必要な場面はほぼないです。大体が指差しとボディランゲージでことたります。
んがしかし、どうしても伝えたいことがあるときに便利なのがgoogle翻訳。
このアプリも先に言語をタウンロードして、オフラインで使用することができます。
ま、転ばぬ先の杖として、保険にインストールをお勧めします。
google playはここ
iphoneはしらね(`・ω・´)

指差し会話帳

旅行での会話本で一番有名な本のアプリ版。
ボディランゲージよりも一歩すすんだコミュニケーションができます。
ちょっとしたネタとして地元の人にみせると興味をもってくれますから仲良くなるきっかけづくりにちょうどいいですね。
あとこれは、有料アプリです。
google playはここ
iphoneはしらね(`・ω・´)

トリップアドバイザー

ホテルや観光スポットの検索に使えます。
インストールした最初のころは、いまいち使い方が分からず使用頻度は全然でした。特に周辺の観光スポットが全然ヒットしなかったから使えないなー、と思ってましたよ。
でも、地図表示からの観光スポットを検索するようになると、私はむっちゃ使えましたね。
バイクがあったので、次の目的地の途中にある観光地とかを調べたりするのに地図上でルートと照らし合わせながら発見できたのは大きかった。
他にマイナーな観光スポットもたくさん載ってるから見るだけでも面白い。
このアプリででシェムリアップのパターゴルフ情報を手に入れたのが一番の収穫ですよ。
google playはここ
iphoneはしらね(`・ω・´)

為替アプリ

お好きなのを一つ入れておきましょう。
入国した最初の数日は、金銭感覚がよくわからなくなりますからね。
I-phoneは純正であるらしいですね。
google playはここ
iphoneはしらね(`・ω・´)

あと、家計簿アプリとか日記アプリで旅を振り返れるようにするのもアリですね。
ま、私もメモ代わりに日記アプリを使ってましたが、後半は全然日記をつけてなかったです(゚▽゚*)

スポンサーリンク
ブログランキングに参加してます。
もし、記事が役に立ったと感じられましたら、クリックをおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村 東南アジア旅
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。