タオ島で、鍵針を見つける

タオ島に来てから3日目。。。
早くもすることが無くなりました。

タオ島は、ダイビングやシュノーケリングなどのマリンアクティビティが有名な島。
だが、それに興味がわかないと、全くもってすることが無い。

というわけで、マリンスポーツに挑戦。。。

なんかするわけないですよ。

旅のモットーは、だらけること。。。

なんにもしない日があってもいいじゃないか。

そこに、カップルや仲の良さそうな男女のグループがいても、すべてスルー。
家族で、子供たちがキャッキャしつつ、お父さんとお母さんがほほえましくしていても、独身のスルー力なめんな。

旅はスルー力が鍛えられます。

んで、実際何をしたか?

この旅が始まってすぐにしたことは、髪型をドレッドにしたこと。。。
早くも全体がぼやけてきて、だんだん浮浪者の髪型になってきたので直したかった。

がしかし、ここはタオ島。
そんな特殊な髪型を直せる美容師なんかは、いません。

何軒かの美容室で聞いてみたんが、変な目で見られるだけで誰も直せないとのこと。
仕方ないから、自分で直すために鍵針を調達しに、タオ島をウロウロ。

鍵針は、ドレッドを編み込んだり、締め直したりするのに必要な道具です。本来は、編み込んだりするときに使う道具は、もっと特殊なものがあるらしいんだが、鍵針で代用ができます。

一軒の美容室で、鍵針を持っていないか尋ねたところ。。。
バッチリもってたよ、おばちゃんが。

さっそく、売ってくれと交渉してみたが、売る気はないみたい。
じゃ、どこで売ってんのかと聞いてみれば、そこのストリートから大通りに出て左に行けば、お店があるよー、だって、たぶん。

ここまで、英語でやり取り。
私も英語に自信はありませんが、おばちゃんも英語は適当。。。
たぶん、あるさ、いけばわかるさ。。。
半信半疑、恐る恐る行ってみれば。。。

ありませんよね。

あるわけないですね。

そうですよね。

がしかし、まじであった。
このお店は違うだろうと思って入ってみたら、本当に鍵針が出てきましたよ。

はっきしいって、鍵針は裁縫用の道具なため、普通は見かけない。
それが、こんなリゾートっぽい島で見つかるとは思ってもいなかった。

これを見つけるために、タオ島の工業品を売ってるお店で聞いて、五寸釘が出てきたりしたんであきらめてたが、ありがとうおばちゃん。

んでもって、ドレッドの修復に挑戦してみたものの。。。無理ですね(´・ω・`)

スポンサーリンク
ブログランキングに参加してます。
もし、記事が役に立ったと感じられましたら、クリックをおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村 東南アジア旅
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。