パンガン島は、パーティ島

宿のロビーにある案内が気になる。。。

ウォーターフォールパーティ。。。
本日10時から。。。
pick up ホテル前。。。

行くしかないっしょ。Ivanと相談して夜は、ウォーターフォールパーティへ参加することに。

なんか、パンガン島は毎日ぐらいのレベルでパーティが、どっかで開催しているようです。
パーティと言っても、野外レイブで、みんなで騒ごうやとか、クラブハウスで騒ごうやと色々種類があるようです。

ということで、参加費500バーツをロビーで払って、参加することに。
ウォーターファールまでの間に、いろいろと宿で知り合いが出来ました。
みんな、フルムーンパーティ目当てで来るからノリのいい子ばかり。

特に仲良くなったのは、フランス人のミッチェル、オランダ人のベンとメノン。
名前は、うる覚えです。100%名前は覚えれない。

この子たちと、宿の広場でビアポンなるヨーロピアンには有名な飲み会ゲームで遊ぶことに。

ビアポンとは?
ビアポン(Beer Pong)とはアメリカ発祥のゲームで、多くの場合2人ずつ2チームで行われ、専用のテーブルをはさみ目標とするカップをめがけて各チームが交互にピンポン玉を投げ合い、競うスポーツです。

当初はアメリカの大学生の間で、カップにビールを入れ相手が投げたピンポン玉がカップに入った場合にそのビールを飲み干すという遊び方が一般的であったため、現在でもビアポンと呼ばれている。一部では別名ベイルート(Beirut)。
http://www.bpong.jp/bpon/

まれに、ハリウッドの映画とかに出てきたようなゲームで、見た目通り、カップにピンポン球を入れるのは難しいですね。
私は、6個のカップ中2個しか入らずに、敗退。
敗退=6杯のビールを飲み干す、という若いころならギリできたが、今やると死ぬほど酔っ払います。

そんな状態からのウォーターフォールパーティ。。。
小一時間踊って、ダウンですよ。

会場は、ウォーターフォールと言う名前が付いていますが、チョロチョロしか出ない滝の近くでやってました。
そこに、大体200人から300人ぐらいが、集まってアホほど踊ってましたね。

宿からは、20人ぐらい参加して、新しく知り合いを作るにはもってこいです。
パーティで知り合って、フルムーンパーティの一人参加を回避できるかも。。。( ̄ー ̄)
ま、大体みんな、友達同士で来てるし、英語の壁をどうにかしないと。。。
ヨーロピアンは、イギリス人が多いし、他の国の人も英語は出来るし。。。ツライヾ(;゚(OO)゚)ノ

さて、会場内の様子はといえば。。。
アホばかりですね(゚▽゚*)
踊り狂ってるやつもいれば、ナンパしまくってるやつも。。。どちらも俺の知り合いやん。
Ivanは、一心不乱に踊り狂って、フランス人のミッチェルは、フランスの血の通り、上半身裸で女の子に片っ端から声をかけて撃沈してる。ざまー( ̄ー ̄)
んで、まわりの男達もいろいろと声をかけつつ、成功した人から徐々に闇夜に姿を消していく。。。羨ましいのー( ̄¬ ̄*)

私は、観察者になって、壁の花と化してました。
こういう騒がしいのは、あんまり好きじゃない、というか日本でもクラブとか1回しか行ったことが無いから、どうすればいいのかよくわからんね。
それでも、朝方4時まで踊ったり、飲んだりと楽しみつつ、ふと我にかえって、みんなのバカさに呆れつつ楽しみましたよ。

スポンサーリンク
ブログランキングに参加してます。
もし、記事が役に立ったと感じられましたら、クリックをおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村 東南アジア旅
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。