戦場にかける橋に行ってきたよ

カンチャナブリ2日目、本日は、温泉に行きたかったが、バンコクに戻ることを考えると片道2時間以上もあるヒンダット温泉は却下となりました。

ということで、簡単に観光ができる戦場にかける橋を見に行くことに。
ぶっちゃげ、私は全く興味が無い。歴史的な橋らしいが、戦争関連の橋なんで知ったとしてもげんなりするだけだから、下調べをせずに友達任せで見に行くことに。

といっても、久しぶりのエアコン部屋、部屋でみんなごろごろ。
あんまり、みんな行く気が起きてない。

それでも、チェックアウトの時間が近づいてきたので、出発することに。

宿から大体30分ぐらい、途中で道に迷って1時間ぐらいかけて、戦争博物館に到着です。
DSC_6822

はいはい、戦争ですね。
戦争には、興味なしです。
いちおう断っておくが、昔に戦争関連の映像や本を漁って、どっぷりと戦争に関する知識を調べていた頃もあります。特に第二次世界大戦。
だから、戦争関連の経緯や出来事なんかは、嫌というほど見てきました。
んで現在は、興味なし、いちいち知識の追認をするのがめんどくさいし、結局は、ブルーな気分になるんでね。

それでも、戦争博物館を見に行ったのは、戦場にかける橋についての勉強を友達がしたかったからです。

友達は、この博物館は絶対見に行くと出発前から言ってたからね。
私は、どうやってこの博物館を回避するかを考えてましたがな。。。
DSC_6826-2

侍ソードがあったよ
DSC_6824

クオリティの低い人形
DSC_6821

結局、見るのに飽きて、魚にえさをあげる遊びに没頭。

急に、博物館のおっちゃんに呼ばれて、レタスを持たされたんですよね。
そしたら、鯉がもののみごとにジャンプして、レタスをパクリと。
めっちゃ面白くて、何回も挑戦してしまったよ。

ということで、博物館は、終了。

で、本命の戦場にかける橋へ。。。

戦場にかける橋は、博物館の近くにあってすぐに見に行けます。

戦場にかける橋
DSC_6899

(*・_[[◎]]oパチリ
パシャ!Σ[ ◎ ]}ω・●)
( -_[◎]oパチリ
Σp[【◎】]ω・´)

[ ◎ ]}Д`@)

写真撮影終了。

はっきし言って、観光は10分で終了ですね。
橋自体は、全くと言っていいほど、何の変哲もない橋。
この橋にまつわる歴史を知らないと、退屈な観光になること請け負います。
まー、橋の歴史を知ってた私も退屈になったんですがね。

橋の上で、中国人の写真のポーズを研究するのにはいいかも知れんがね。
DSC_6870

あと、博物館からこの橋が見れて、ちょうど線路上に列車が来るタイミングでした。
DSC_6858

線路上にいた人が、急にいなくなって、何が始まるかと言えば、ゆっくりと電車が走ってるのを見たときは衝撃でしたね。
何人かは、線路上に残っていたので、大丈夫なのかと。

スポンサーリンク
ブログランキングに参加してます。
もし、記事が役に立ったと感じられましたら、クリックをおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村 東南アジア旅
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。