ラオスでアクティブに観光するよ

昨日は、だらけきった一日だったが、うって変わって本日はがんばって行動したよ。
それもすべては、バンコクで仲良くなった人がラオスに到着したから。
もし、一人だったら本日も自堕落な一日になってたのに。。。

で、本日のメンバーは、日本人の男の子と女の子で、3人組。
このぐらいが、ちょうどよくて、うだうだ相談せずにどんどん周れるね。

最初に見に行ったのは、ブルーラグーンへ行く道より一本奥にあるトレッキングコース。
どこかしから仕入れた地図に載っていたから行ってみることに。

今回の足は、バイクです。
もちろん私は、マイバイク。他メンバーは、2ケツで1台のバイクをシェア。
男女の2ケツはうらやましい、と感じつつ出発♪

といっても、ものの10分で目的地に到着。
バイクはあると便利です。

DSCN0883-2

入場料が、バイク込みだと3000キップもするので、入場ゲートの近くに止めて入ることに。
で、軽くトレッキングするが、むちゃくちゃ短い。
トレッキングも10分で終了しちゃったよ。

しかも、ゴールが変な洞窟っぽいところ。
洞窟自体も短いというか、洞穴。
入って、すぐに仏像があって、残念感がすさまじいね。
DSCN0879-2

だがしかし、ここには素晴らしい川が流れていました。
DSCN0875-2

透明度が半端なく綺麗で、底までくっきりとみえます。
あとで、行ったブルーラグーンよりもこっちの川で泳ぐ方が気持ちよかったのは内緒。
ブルーラグーンは、底が深すぎて、イマイチ綺麗に映らなかったですからね。

で、この川は、奥の洞窟につながっていて、底も深くて足がつかない。
行けるところの曲がり角まで泳いでみたら、奥の方がめちゃくちゃ神秘的に光って見え、感動モノでした。
これは、言葉ではいえないぐらい綺麗だったね。
透明度と光の屈折で、マジでもう一回見に行きたい、しかも今度は浮き輪付きで行きたい。
奥の奥まで行くには、泳ぎが達者か浮き輪が必須。

と、意外な穴場にテンションをあげつつ(本命のトレッキングと洞窟は残念すぎる)、次は銀行。

はははh

なんと今回のメンバーがATMを利用したら、カードがATMから出てこなくなったんですよ。
ATMからカードが出てこなくなるなんて、都市伝説だと思ったら本当にある話なんですね。

友達は、昨日カードが飲み込まれて、パニックになりつつ近くにあった商店の地元の人に助けられたみたい。
地元の人が、銀行へ連絡して明日の昼に取りに行く段取りとなったようで、朝からそのことばかりでテンションが低めだったのは、公然の秘密。
結局は、銀行にいってみるときちんとカードが返却されて事なきを得たんですが、これでカードが本気で紛失となったら、この彼は、今回の旅が終了する勢いだったから笑えないね
‘`,、’`,、’`,、’`,、’`,、(ノ∀`)’`,、’`,、’`,、’`,、’`,、

まー、彼は他にも不運があって、私と同じくお金を盗まれた組なんですよ。
しかも、同じ島で(`・ω・´)

どこかといえば、パンガン島。
そう、あの悪名高きフルムーンパーティの島。
同じ時期に島にいたらしいですが、バンコクで出会って判明。
さらに、お金を入れていた場所も同じような作りのバックバックの背面ポケットの底。
なかなかの似た者同士だから仲良くなるのも早くてね(´。・ω・。`)シクシク

(||゚Д゚)お金返して―

スポンサーリンク
ブログランキングに参加してます。
もし、記事が役に立ったと感じられましたら、クリックをおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村 東南アジア旅
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。