サーフィンの顛末

オーストラリアに来たんで、サーフィンに挑戦した結果をここに記そう(´-ω-`)

都合、4回ほどサーフィンをオーストラリアでしました。
初日は一人でわけもわからず、ただ波に遊ばれただけでまともにボードの上に寝転ぶこともできなかった。

で、2回目からはサーファーの友達に連れていったもらったサーフポイントでやってみることに。
ついでにご指導されました。
白波のところでジャンプして波になる練習をたんたんと。。。波に乗る感覚を覚える練習。
これが、意外と楽しかったです。
ボードの上に立つことはできませんでしたが、波に乗ると勢いよくボードが滑り出し、あっという間にビーチに漂着。
5分かけて白波が出てくるところに行って、3秒でビーチに到着。

これは、はまるかもしれんと思ったところで、ボードがキャン玉に直撃(/ェ\。))((。/ェヽ)

本日は終了しました。

サーファーの友達曰く、みんな通る道だとのこと。

3回目も同じ感じで白波に乗る練習。
今度は、ジャンプじゃなくて、パドリングで白波に乗る練習。これが出来るようになるとあとはたつだけらしいが、意外と難しい(´・ω・`)
頑張ってこいでるはずなのに白波に追い越されて、ぜんぜんスピードがでない。かといって、むちゃくちゃこいでるとバランスを崩してボードから落っこちそうになったり、波にまかれたり、疲れたりで終了。

4回目は今日こそはボードの上に立つぞと意気込んで、ボードの上に立とうと何度も挑戦するが、ボードの上でずっこけたり、失速したりで、結局一度も立てずに終了。

やってみて、思ったことはまともに出来るまでには数カ月はかかる(`・ω・´)ゝ
波に乗った時の感覚は気持ちよくて、これでボードの上に立ってくねくね波に乗れたら最高だなとも思う反面、出来るまで時間がかかりすぎて、はまる前に挫折してしまうだろうと思いました。
結局、挫折してんだけどね。

サーフィンした場所は、バーレーヘッズというサーフィンのメッカみたいなところらしいです。友達曰く、世界大会とかもあって、有名な場所とのこと。
そんな恵まれた環境で、サーフィンが出来ることは幸運なことらしいが、もっと弱い波のところでサーフィンをしたかったのは内緒(  ̄人 ̄)

とりあえず、サーフィンをやってみて、オーストラリアにきた甲斐はあったんだろうか?
ま、楽しかったからいいや、次はロングボードでやるがな。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。