マイナービーチを巡る

レンタルバイクでタオ島のを周遊する続き。

フリーダムビーチで、のんびりした後は、近くにあるシャークベイに行ってみました。
DSC_6606

感想は、めっちゃせまい。
ビーチとは呼べない狭さで、10人も人がいたらいっぱいな狭さのビーチです。
この時は、数人だったが、それでも多く感じてしまいました。

もしだれもいなかったら、プライベート的な穴場スポットとして、ゆっくりできるかもしれません。

がしかし、せまい。

さくっと、シャークベイを眺めて、お次は島の裏手側に行ってみます。
裏手側に行くには、峠道を越えねばならないので、バイクかタクシーが必要かと。

私たちは、もちろんレンタルバイクでピューっと行くつもりが、裏手側にはいる道を見つけるのに若干苦戦しました。
地図はあるんだが、イマイチ自分の正確な位置が分からず、さ迷い気味に道に入っていくと、なんとなく山道に入りそうだったから行ってみることに。

途中で、雨。
スコールみたいな激しさはなかったが、それでも、大分濡れてしまったため、途中のカフェで昼飯と休憩を兼ねることに。
DSC_6617

おしゃれとはいえないけど、南国の雰囲気を醸し出してるカフェです。

こうやって、フラっとはいるカフェが私は好きですね。
ガイドブックとかに載ってるカフェなどは、確かにオシャレで感じがいいですが、自分で見つけた感が無いので、あんまり利用はしません。
んがしかし、フラっと入ってみたカフェが、雰囲気がよかったり、奇妙だったりするとテンションが上がってきませんか?
自分だけ知ってる穴場カフェ、そういうのに憧れを感じます。

このカフェからの眺め
DSC_6613

なかなか、景色も良く、次に向かうビーチが見えます。
このカフェに飼われてる犬も人懐っこくて、かわいかったんですが、狂犬病が怖くて触れません。

画像だとめっちゃ晴れてる感じになってますが、この10分前は雨が降ってました。

さて、雨も上がったし、次なるビーチのタノトベイへ。

んが、途中にあった急な坂道をIvanは、びびって坂の上でバイクを止めて歩こうと提案。

だが、却下。
坂道を下りたり、登ったりは、疲れるから、断固却下。

はよ、坂道を下れと催促しつつビーチに到着。

最終的にタオ島の裏手側に回るには、30分ぐらいかかりましたね。

タノトベイ
DSC_6619

タノトベイの特徴として、波が高い。
サイリービーチ側は、波がほぼないビーチでしたが、タノトベイは、それなりに波があり、ザッパン、ザッパン行ってる感じで、荒々しさがあります。
あと、砂浜の砂粒が大きくて、海の中にもあるため若干足の裏が痛いです。

砂粒が大きいため、私の評価は低いビーチですが、それなりに広く、タオ島の裏手側というロケーションなためビーチに人が少なくて、静かにビーチを眺めたい人にはおすすめかな?

でもなー、30分以上もかけてこっちに来る価値はないよー
透明度も波が高いせいで、綺麗じゃないし、来るまでの道はバイクだと大変だしね。

ひととき、タノトベイで過ごして、戻ることに。
タノトベイのレストラン?
DSC_6622

あとは、来た道をひたすら戻って、宿へ。
この頃になると、Ivanも運転に慣れて、私の前を走ったり、運転が楽しくなってるご様子。

やっぱ、バイクで島を走るのは、楽しいです。
潮風を感じながら見る景色は、すごく新鮮に見えます。
それに、行動範囲も広がって、田舎道の途中にある普通の民家とかもみれてイイ(`・ω・´)

ちなみに、私とIvanはすごくノロノロ運転でしょっちゅう他のバイクに抜かされてます(´-ω-`)
まれに、女の子の二人乗りに抜かされるときは、恥ずかしくなりますが、安全運転♪

スポンサーリンク
ブログランキングに参加してます。
もし、記事が役に立ったと感じられましたら、クリックをおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村 東南アジア旅
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。