エラワンの滝へ直行

カンチャナブリのバスターミナルに到着。さて、どうするか?

ま、ミニバンの中で、相談した結果。。。エラワンの滝に行くことに。
普通なら宿を探すのが最初だけど、今回、荷物を宿に預けて来てます。
あと、エラワンの滝へ行くならバスしかなさそうで、本数もそんなに多くないんです。
一々、宿を探してからエラワンの滝へ行くとなると、遊ぶ時間が無くなっちゃいます。

時刻表は、ネットで探してね。
私たちが乗ったのは、10時半のバスです。
DSC_6674

バスに揺られること2時間ぐらい。
意外と遠いっすね。

そういえば、エラワンの滝について説明してませんでしたね

タイで一番美しい滝」と言われるエラワン国立公園内の滝。全長1500mの滝は、水遊びのできる滝、木陰で涼みながら魚をゆっくり眺められる滝、落差に圧巻させられる滝など7段階の滝に分かれています。濡れてもかまわない服装と滑らない靴で訪れましょう。
http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=479

エラワン国立公園を流れる川に住む魚は、天然のドクターフィッシュです。すきを見せれば、たくさんの魚が角質を狙ってやってきます。最初は痛いようなくすぐったいような感覚ですが、慣れてくると古い角質をもっと食べて欲しくなってくるかもしれませんよ。

ということです。
7つの滝ですよ。1か所で7個もの滝を見れて、なおかつ泳げる。タイの気温は暑すぎですから、川のひんやりとした水を楽しまなくてはo(* ̄o ̄)o

で、バスの中では、意外と地元の人も多いし、エラワン行きのヨーロピアン達もいました。

到着して、まずは入場料
DSC_6688

絶対に外人価格だろうな。
300バーツのお支払。

で、どこ行けばいいのか一瞬分かりづらかったが、みんながいる方について行けば、トレッキングコースに入ります。
DSC_6691

トレッキングコースに入れば、すぐに第一の滝発見。
DSC_6700

たぶん、第一の滝。
ぶっちゃげていえば、7つの滝じゃなくて、10個ぐらい滝っぽいのがありました。
ここが、次の滝じゃない?とか、云い合ったり、写真を撮ってから、数10メートル先に行くと本物の滝があったりしたせいで、今、写真を見ててどれが本物の7つの滝か分かりません(´。・ω・。`)

とりあえず、印象に残った写真を上げときます。

第二の滝のはず。
修行が出来そうです。
DSC_6706

第三の滝かな?
大きな岩の上からウォータースライダーみたいに滑り落ちて楽しそうでした。
DSC_6713

第四の滝ぐらい
DSC_6726

第五か六の滝
DSC_6734

で、ついに第七の滝の前にトレッキングについて。

このトレッキングコースが意外とつらかったです。
大体最後の滝までに到着するのに1時間ぐらいかかったんじゃないかな?
途中で滝の撮影とかして、道草を食ってますがね。

最初は、舗装された道を通るんで、舐めてましたが、だんだんと急な坂や階段を登ったりします。
で、タイって暑いっすよね。
水は大切です。体全身汗まみれで、ヒーヒー言いながらがんばりましたよ。
んが、健康的な汗なんであんまり気になりません。
バンコクで、かく汗とは比べ物にならないっすね。
DSC_6708

そんな大変な思いをして、到着した最後の滝
DSC_6746

はっきしいって、現物はもっときれいです。
他の滝に比べて、滝の水が白濁している感じですが、これは、岩自体が白色なため白濁しているように見えるからです。
んで、逆に岩が白いため、今まで見てきた他の6個の滝に比べて、神秘的なイメージにも見えましたね。

さて、ようやく最後の滝に着いたので泳ぎますよ。
いままで、滝に着くたびに泳ぎたい病を発病していましたが、ぐっと堪えて待ちに待った滝の中へ。

うひょーーーo(* ̄o ̄)o

つめたーい

海と違って、めっちゃ冷たいです。
このタイの気温の中ではいる川は最高に冷たくて気持ちのいいものです。
しかも、トレッキングをやった後だと、完璧すぎる。

写真には、写ってないけど、滝の中に小さな洞窟もあって、中に入るとなんか神秘的な気分になります。

イテッイテッイテッヾ(;゚(OO)゚)ノ

あと、川の中に入るとドクターフィッシュに噛まれますね。

まれに街中で見かける小さな魚とは違って、ここにいる魚はデカイ。
大きな口で、角質を食べるためイタかゆい。
街中のドクターフィッシュは足しか食べてなかったから、こっちのは体全体食べるかと思いきや、手足の先しか食べないんですね。

ひとしきり遊んでると、オーストラリア人のベンが声をかけてきました。
髭もじゃのベン
DSC_6767-2

彼は、日本に短期間だけど住んでたらしい。
なんか、京都のゲストハウスで働いて、京都を観光したとか。
この顔で、24歳は信じられませんでしたがね。

んで、一緒に遊びことに。。。

滝の奥に行って、修業したり。

3番目あたりの滝でウォータースライダーや飛び込みをしてみたり。。。めっちゃ楽しいっす。

バンコクのシティでグダグダするよりもカンチャナブリにきて、ほんとーーーによかった。
あとは、来た道を戻ってバスで帰宅。

がしかし、最終のバスが激込み。
通路いっぱいに人が乗り込む満員バスになっちゃいました。
立ったままの状態でバスに揺られること2時間はしんどかったよ。

スポンサーリンク
ブログランキングに参加してます。
もし、記事が役に立ったと感じられましたら、クリックをおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村 東南アジア旅
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。