まさかのプノンペンへ逆戻り!?

本日もシェムリアップを抜け出さずにのほほんとしております。
しかも、シティプレミアムのオーナー秘蔵のそばを食べながら( ̄¬ ̄*)
DSC_9188

カンボジア来てまでソバと思いの方へ、やっぱ暑いときはざるそばに限ります。
普通の乾めんタイプのそばですが、まじうめぇーー(゚▽゚*)
この日本食の安定感は、さすがとしか言いようのない旨さ。
しかも惜しげもなく、全部のそばをゆでてくれたオーナーには感謝です。

ほんま、シティプレミアムはおススメです。
ぜひ、カンボジアに旅行するなら一考を。
Facebookをのぞいてみても過去のゲストさんが楽しそうに映ってます。
ちなみに私もこっそり映ってます。
バイクとともに写ってますから見つけやすいですが、人相は最悪ですね、まさしく盗賊ですよ。

で、タイトルの通り、プノンペンに戻ります。
あれだけプノンペンは退屈な都市だったのになぜ戻るかと言えば。。。

ロン島

それは、カンボジア唯一の離島。。。あ、ごめんなさい、他にも離島はあるんですが、施設が整ってるのがロン島ぐらいしかないんですよ。
離島というだけでは、あまり興味がひかれませんが、ロン島にはむっちゃ綺麗なビーチがあるらしく、ビーチハンターの私としては行かなければならんのですよ。(ま、ビーチハンターになった覚えはまるっきりありませんがね、ビーチの女の子を監視する自称ライフセイバーかもしれんがの)

ロン島へはプノンペンから南に下ったところにあるリゾート地シアヌークビルから渡れます。
このプノンペンから南に下るルートのせいで、一旦はあきらめたんですよね。
私が選択したシェムリアップまでのルートは、プノンペンから北ルートで川イルカを見学した後にさらにプレアヴィヒアと北上ルートからのシェムリアップ。どう考えても南のシアヌークビルはルートから大きく外れます。

しかも、男一人で綺麗なビーチにたたずむなんて悲しすぎますよ(´・ω・`)
それなのになぜ戻るのかと言えば、相方発見。
彼女もロン島行き考えてたところで、女の子一人でロン島に行くのはつまらないからあきらめた口。
絶好のチャンスとばかりにロン島行きを誘ってみたら快諾されちゃいました(´-ω-`)

快諾されたのはいいが、こっからプノンペンまで戻るのはやっぱしんどい。
しかも私はバイクで戻りますが、彼女は明日の深夜バスでワープ。

やっぱ、バスは便利だよね。
明日の夜に出発して、プノンペン乗り換えで、明後日の昼ごろにはシアヌークビル。
その点、バイク旅の私は、明日の朝出発して、プノンペンで1泊してからのシアヌークビルです。
丸一日ぐらい差が出てしまいます。

とりあえず、ルートはこちら

ルートをみるだけで嫌になりそう。
それでも、私には綺麗な砂浜(の上にいる美女)が待っている。。。はず。

というわけで、一週間以上ダラダラとしたシェムリアップを抜け出して、ようやくバイク旅を再開。
たぶん、今度こそラストのバイク旅のはず。
いい加減、バイクを捨てたいんだよ。
でも、誰もバイクを買ってくれないね。
50ドルぐらいまで値段を下げてるのに、みんなバイク旅には興味が無いみたい(´-ω-`)

スポンサーリンク
ブログランキングに参加してます。
もし、記事が役に立ったと感じられましたら、クリックをおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村 東南アジア旅
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。