カンチャナブリの夜は、10バーツのバーがおすすめ

水上コテージな雰囲気の宿も決まったし、疲れを癒すためにも晩飯へ。

カンチャナブリは結構簡単な町のようで、バーとかレストランなどの観光向けのストリートは1本だけどんってある感じです。
その中で、雰囲気の良いイタリアンのレストランで飯を食べることに。

パスタとピザをメインに適当なおつまみとアルコールで乾杯。

バンコクから解放されたテンションとエラワンの滝が楽しすぎで、アルコールもどんどん進みましたよ。
しかも、自分たちルールを作っての楽しい見飲み会へ発展。

なんと、だされたアルコールは、全部イッキ。
最初は、テキーラに始まり、ジン、ウォッカ、でバーボン。後へんなカクテル2杯ぐらい。。。全部イッキo(* ̄o ̄)o
めっちゃ楽しかった。

がしかし、会計がえらいことになってましたよ。
なんと1000バーツオーバー。
はじめて、晩飯で1000バーツ越えを見ちゃいました。

最初見たときは、なんかの計算間違いかと思って、自分たちで計算してみたところ。
完璧に正しかった(´-ω-`)
ありえん、今までタイでの晩飯は平均100バーツぐらい、いったとしても200バーツを超えることは、めったになかったのにね。

まー、楽しかったから、あんまり後悔せずに、お支払っと。

で、支払いが終わっても、グダグダしてたら、なんと、エラワンの滝で出会ったオーストラリア人のベンが出没。

せっかくなんで、いっしょにナイトマーケットへ繰り出すことに。

カンチャナブリのナイトマーケットは、普通ですね。
規模もそこそこで、小一時間ぐらい過ごせそうです。
でも、行った時間が遅めなため、店じまい中なお店が多数で、急ぎ足で見ることに。

あと、酔っ払いすぎでしたよ、みんな。

ベンがしきりに10バーツでショットが飲めるから行こうよ、と誘ってきたので行くことに。

場所は、バーストリートの路上。
看板には、10バーツショットの文字。

正直な話、10バーツショットは、信じていませんでした。
どこの世界に、30円ぐらいで飲めるバーがあるのかと言えば。。。カンチャナブリにありました。

いちおう10バーツのショットは、テキーラとジンのみみたいです。
で、ショットで飲むのがきつい場合は、コーラと割ることもできます。
それで、10バーツ。

今日の晩飯の大半が、アルコールだったことを考えると。。。始めっからここにしとけばよかった。

ここでも、たら腹アルコールを飲んで、撃沈。

はははっははh

もし、カンチャナブリでアルコールを飲みたい方は、ぜひ10バーツバーへどうぞ。
路上で飲むことになりますが、お店自体は、オシャレに作られてたような。
私たちは、カウンター席で飲んだので、あんまり路上って雰囲気でもなかったですがね。

あと、オーストラリア人と飲み時は注意が必要(´・ω・`)
やつは、死ぬほどアルコールに強いぜ( ̄ー ̄)

スポンサーリンク
ブログランキングに参加してます。
もし、記事が役に立ったと感じられましたら、クリックをおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村 東南アジア旅
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。