ルアンパパーンで一息つくよ

昨日のバイク旅は、予測が甘すぎました。
まさか、夜中の10時にルアンパパーンに到着するとは思いもしませんでしたね。

で、なぜにルアンパパーンへ強引に到着したかと言えば、ルアンパパーンの町が世界遺産登録されているからではなく、友達が一足先にルアンパパーンに来ているから。
この子を頼りにルアンパパーンの安宿探しをショートカットしようと思ってね。

新しい街に着くと最初にすることは、安宿探し。
しょせん安宿だから、どの宿に泊まっても同じなら、ひと手間かけて探すよりか現地にいる友達を頼って、さくっと決定したほうが何かと便利なんです。
しかも、夜中到着というアホみたいな時間帯だったから、この子がいてくれて助かりましたo(* ̄o ̄)o
もしいなかったら、さらにルアンパパーンをさまよって、体はボロボロになってただろうね。

さて、今回泊まった安宿は、LPQバックパッカーズってところ。
詳細はbooking.comのリンク先でも見てくださいな。
agodaはこっち
(上記から予約してくれると私の旅の費用が賄えたりします)

ドミトリーで40000キープ。
友達の女子大生がチョイスしたところだから、女の子でも普通に泊まれると思いますよ。
感想としては、普通に綺麗だし、朝食付きだから問題なし。
泊まってる宿泊者もアジアンとヨーロピアンが半々ぐらい。
私は、夜遅くの到着だから、特に誰かと絡むこともなく、即就寝しましたよ(´-ω-`)

さて、ルアンパパーンに来たなら、托鉢じゃーってなる人いますよね。
あんなん朝の6時ぐらいからやってんでしょ?
起きれませんがなヾ(;゚(OO)゚)ノ

そんなら、町自体が世界遺産のルアンパパーンをガッツリ観光?
はん?、建物を見てなにがおもろいねん( ̄ー ̄)
特に仏教系の建物や寺社を今まで何個か見てきましたが、特に感じるものがありません。

じゃ、何したかと言えば、ラオス名物のカオソーイを食べに行ってました。
DSC_0897

本来なら写真の有名店に行く予定でしたが、閉まってます。
友達は昨日も食べに出かけたところ、閉まってたみたい。
いつやってるのかイマイチわからんから、近辺をぶらぶらして適当なカオソーイのお店に入ることに。

DSC_0902

今回食べたカオソーイ
DSC_0905

かなり辛みがあって、私の好みの食べ物とは違ってましたね。
からいのが好きならどうぞ。

で、他には?

何もしてません( ̄ー ̄)

なんといっても、バイクの旅は時間がかかることが分かったのでなるべく早くに出発をせねば、残り1週間のビザ期限が切れるかもしれん。
さらに、北の国境をバイクで超えれなかったら、別の国境を目指さないとならんのでね。

というわけで、世界遺産の町ルアンパパーンよ、さらばじゃヾ(;゚(OO)゚)ノ

スポンサーリンク
ブログランキングに参加してます。
もし、記事が役に立ったと感じられましたら、クリックをおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村 東南アジア旅
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。