バンビエンからルアンパパーンへのバイク旅

バンビエンからルアンパパーンへバイクで行ってみました。
思いのほかルアンパパーンが遠くて大変な道のりでしたね。

今回のルートはこちら

ぱっと見大きくカーブしているだけで簡単そうに見えますよね。
実際の距離は、よくわかりませんがグーグルマップ上だと230kmと表示されてます。
車で大体3時間ぐらいらしい。

私は、いままでグーグル先生を信じて、インターネットをたしなんできましたが、これほど誤った情報は無いです。
あと、嘘を嘘と見抜けない人は、インターネットをする資格はないと思ってました。

がしかし、このグーグルマップの情報は100%間違い。
上のグーグルマップを拡大するといかにこのルートがグネグネしているか分かります。
で、グーグル先生はこのグネグネ道を正しく表示されてないんじゃなかろうか。
私の体感だとこのグネグネ道の倍は、曲がった気がします。
で、走行距離は300kmぐらいあったんじゃないの?

と、出発前からの情報をあてに230kmぐらいで、車で3時間。
これなら6時間ぐらいで着くんじゃねと計算して、12時前にバンビエンを出ることに。
着くのは大体6時前後の予想でした。

それが、あんなことになるとはね。。。

まー、バイクの旅は初めての経験でしたが、意外と楽しい思い出もありますよ。
ちょっとした田舎道を走ってる時に子供達から「ハロー」の応援や手を振ってもらえたりとね。
こっちの子供達は、無邪気でいいですね。

そんな子供たちに感動すら覚えつつ、ハンドルから手が離せない若葉マークの私は、うなづくぐらいのアクションしかとれずにもやもや(´-ω-`)

んで、ラオスの田舎町というか村を何箇所か通り過ぎたりもしたんですが、ものすごく古びた家々が建ち並んでいて、ラオスが最貧国の一つだと改めて感じました。
DSC_0892

ラオスに来てから、首都のヴィエンチャンとバンビエンの街並みしか見ることは無く、この二つの都市はそれなりに整えられた町です。
ヴィエンチャンなんかちょっとしたビルもあり、日本の田舎町よりかは発展しているかもしれません。
バンビエンは、観光用になってもいますしね。

まー、そんな村々を横目に見つつ、必死にルアンパパーンを目指してた矢先。。。
道路の陥没が目立つんですよ、ラオスの道路は(`・ω・´)

よくネット上でラオスのバス旅は最悪と言われていますが、バイクでも最悪に変わりはありません。
曲がった先に急に大穴があいてたりすると、初心者はビビりますよ。
そんな穴にはまってハンドルをとられた日には、転倒間違いなし。
そんな道路の陥没が、数え切れないほどあるため、なかなかスピードも出せません。
スピードメータは、常時90km/hを計測していますがね。
DSC_0943

まー、見ての通りに壊れてます。
体感だと40km/hは出してたと思うんですが、出てなかったかもね。
うん、出てませんでした。

悪路な山道を頑張って超えつつ、だんだんと太陽が傾いてきたのが気にかかってきた5時ごろ。
そろそろ町でも見えてきてもいいんじゃないと感じた曲がり道。
いっこうに曲がり道が終わりませんo(* ̄o ̄)o

やばいかなー、と思ってきた6時ごろ。
太陽もだいぶ傾いてきて、そろそろ沈むかもしれんのその時。
いっこうに曲がり道が終わりませんヾ(;゚(OO)゚)ノ

日が沈んで、あたりが真っ暗になった7時ごろ。
いっこうに曲がり道が終わりません(  ̄人 ̄)

今日は野宿かも知れんとあきらめた8時ごろ。
まさかの街灯が遠い先に見えてまいりましたヾ(;゚(OO)゚)ノ

ようやくルアンパパーンに着いたと思って地元の人に現在地を聞いた9時ごろ
あと、20kmさきだと言われた絶望感(´。・ω・。`)シクシク

で、夜中の10時。
ようやく到着しましたよ、ルアンパパーン((((;´・ω・`)))

スポンサーリンク
ブログランキングに参加してます。
もし、記事が役に立ったと感じられましたら、クリックをおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村 東南アジア旅
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。