幻の岬、ドーソン岬にやってまいりましたよ

かっかっかっ、遂にやってまいりました、ベトナム風俗の旅。
これぞ、男の一人旅。
ピンクな世界を見ない旅なんか男の一人旅じゃない(`・ω・´)

ま、ここドーソン岬に来るまでにさんざん道に迷ったのは、内緒。
ここら辺だろうと思って曲がったのが間違いだったよ。

で、ここで致命的な問題が浮上。
チャンアンで昨日出会った家族から昨日はベトナムの休日だと聞かされていました。
がしかし、休日は昨日だけでなく、連休だった。しかも8連休。
大体日本のゴールデンウィークと重なる時期がベトナムのゴールデンウィークで、されに日本より長いみたい。
この連休中は、ベトナムの人たちもいろんな観光地に遊びに行って、どこも混雑するようで、チャンアンの観光客が多かったのもこのせいみたい。

で、これがどうしたかと言えば、ドーソン岬は別名「ベトナムの湘南」
GW中の湘南がどうなってるか知りませんが、お盆中の湘南ビーチは、人でごった返してます。
で、4月末から5月初旬のベトナムって、死ぬほど暑いんです。
日本の夏と変わりません。
となると、ベトナム人も海に繰り出しますよ。
で、どこの海に繰り出すかと言えば、ハノイから近いドーソン岬に集合するのは当たりまえですよね。

人がごった返したぐらいでは、別に致命的な問題でもないんですがね。
安宿がね、安宿では無くなってるんですよ。

ドーソン岬に宿泊施設はたくさんあります。
が、さすがに大量の観光客が訪れてくるとさすがに部屋数が足りなくなってきてる模様。
んでもって、部屋数が足りないことせいか、宿泊費が3倍ぐらいに値上がってます。
一般的な相場として、1泊20万ドンぐらいで個室に泊まれるんですが、連休中のドーソン岬は一泊70万ドンが相場。

最初に、ホテルのキャッチにこの値段を言われた時は、ベトナム特有のぼったくりだと高をくくってました。
がしかし、どの安宿に聞いても70万から下がらない。
値引き交渉なんか全く出来ず。
連休中は、ホテル側が価格決定力を持ちすぎてる。

ただ単に、ベトナムの夜遊び見学のために1泊70万ドンは、きつい。
こんなお金を払ってたら夜遊びできないよ(´。・ω・。`)シクシク

でも、せっかくここまで来たんだから、1泊だけすることにしましたよ(;´・ω・`)
ベトナムの夜遊びとタイの夜遊びを比較するためには仕方が無い。

宿泊したところはHOA CUCというところ。
たまたまカウンターに日本人がいて、上記のベトナムの連休と宿泊費高騰を教えてもらい、どこも高いなら日本人のいるここにしようとね。
と思ったら、この安宿は日本人御用達の安宿でした。
しかも、台湾人の男の子が宿泊していたんですが、その子も日本語堪能(ノ∀`)
でも、宿のスタッフはだれも日本語は話せません。ついでに英語もほぼ話せません。

はぁー、(;´Д`)y─┛~~
予想外の出費ですが、ドーソン岬の夜遊びを調査してきますよ。
もし万が一、ドーソン岬に訪れるなら、ベトナムの連休は調べておくべきです。

スポンサーリンク
ブログランキングに参加してます。
もし、記事が役に立ったと感じられましたら、クリックをおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村 東南アジア旅
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。