ベトナム入国、道路がラオスに比べて格段に走りやすい

ベトナムに入国して一番に感じたことは何かと問われれば、道路が格段に整備されているということ。
ラオスの道路は、ところどころ陥没しているため、うっかりはまるとバイクのハンドルをとられてしまいます。
が、ベトナムの道路はかなり整備されており、陥没はあまり見かけません。
まれに、陥没をみかけても、ラオスみたいな大きな陥没でもないので、まだハンドルは取られにくいかと。

と、ベトナム入国してから快調にバイクをとばしています。
しかも、ベトナムは意外と発展しているかもしれん。

ラオスの田舎道は、ポツポツと村が点在している感じで、一旦村からはずれれば、数十kmは次の村というか民家が見当たらなかったのが、ベトナムだと民家が途切れることなく道路沿いに立ち並んでいます。
しかも、数十kmごとに宿泊施設がありそうな町もあり、毎日の寝どこ探しには困らないかも(´・ω・`)

で、快調にバイクをとばしつつ、最初の目的地はATM。
なんてったって、ベトナムのお金ドンを仕入れないと、宿探しどころか食べ物さえありつけない。
さすがに、国境付近はまだ田舎だからか、ぽつぽつとATMがありそうな町を2,3か所通り過ぎたが意外とATMは普及してないかも。

ま、2時間ぐらい走って中規模な歳に到着したら、すぐにATMも発見して軍資金もできたし、日もまだ高いから先へ先へとバイクを飛ばしてたら、だんだんと町がド田舎化してきちゃったヾ(;゚(OO)゚)ノ
国境から離れれば離れるほど、都市化すると予想してたが、完璧に裏切られちゃったね。
今晩の宿のあてがはずれつつ、次の町へと到着してみても、宿泊施設が見つかんない。
ホテルっぽい建物は、何件も見つかるんだが、外見がホテルっぽいだけで、中身は普通の商店だったりと、ベトナムの建物は見分けが難しい。

日も傾いて辺りがだいぶ暗くなってきたところ、ようやくwifiの文字を発見。
これは、宿だろうと思ったらネットカフェ。
でも、親切なマスターによって今晩の宿を紹介してもらえることになったから助かったよ。

今晩の寝床
DSC_0959

むっちゃ田舎くさいベット。
しかもなぜか、ツイン。
その分、宿代が高くなるかと思ったら、15万ドン。
日本円で700円ぐらい。
安い、安いが、ラオスのキープに続き、ベトナムのお金も桁がさっぱり分かりませんね。
ATMからお金を出した時も300万ドンの引き出しでした。
300万って、ものすごい大金をもってる気持ちになりましたが、日本円で1万5千円。

あー、ようやくラオスのキープになれてきたのに、今度はベトナムドンになれねばいつぼったくりにあってるのか分からなくなる(||゚Д゚)

スポンサーリンク
ブログランキングに参加してます。
もし、記事が役に立ったと感じられましたら、クリックをおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村 東南アジア旅
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。