フルムーンパーティの次の日は、アフターパーティ

今いる宿の宿泊者も3分の1ぐらいが、本日去って行きました。
みんな昨日のフルムーンパーティで、満足したようで若干寂しさとともにお見送り。
私は、明日にバンコクへ戻る予定です。

がしかし、フルムーンパーティの次の日にもアフターパーティというなのバカ騒ぎがあるようですよ。
当然のごとく、参加しますよ。

アフターパーティがどこであるかといえば、島の各地で勝手にやってるみたい。
私は、フルムーンパーティがあったハードリンビーチ付近の隠れバー的なところに参加することに。

情報ありがとうよ、Ivan
相方のIvanは、オランダ人で英語ペラペラ。
こいつが、どこからともなく情報を仕入れてくれるから助かります。

今回は、写真なし。

案内役として、宿でDJやっていたイギリス人(の名前は知らん)と一緒に行くことに。他にオランダ娘3人とフランス人のミッシェル。もちろん、Ivanも。。。

イギリス人について行くと、ほー度リンビーチからちょいと奥まった丘の上にあるバーに到着。
外まで丸聞こえな音楽がガンガンと流れています。
中では、一心不乱に踊っている外人部隊。
連日のパーティで、見慣れた光景。

さっそく、音楽に合わせて踊ってみるものの、なんかのりきれず。
というか、周りの目が逝っちゃってる雰囲気で、Ivanに聞いてみると。。。

みんなマ○ファナをやっている状態らしい。
ヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ

Ivanは、さすがオランダ人なだけあって何でもないみたいですが、一緒に来てた子達は、そうそうに帰宅。
のりきれないということで、Ivanと別の場所に行くことに。。。

途中、フルムーンパーティの会場だったハードリンビーチを横切ってみるものの、一部で騒いでる感じはありましたが、昨日の喧騒はどこえやら。

で、別の会場は、ハードリンビーチから桟橋を渡って奥まったところ。
昨日のフルムーンパーティで、Ivanが行きついたところに行ってみることに。

ココの会場には、でかいオーロラビジョンがあって、映像とともに音楽に合わせて踊る感じでした。

がしかし、会場にいたのは10人未満。。。
踊ってる人は、たったの一人。

その人も踊るのをやめて、誰も踊らないステージに延々と流れる音楽と映像。

寂しさが漂っています。

そんな中、Ivanが突撃&アホダンス。

それを、ぼーっと眺める私。。。

あほや、アホの子やこいつ。

仕方ないから私も参戦。
逆に人が少ないからアホになれました。
でかいステージで自由気ままに動く男二人。。。

はたから見てもアホなんだろうが、気にせず踊ってると面白くなってきます。
周りで見ている数名の人たちを傍らに踊るのは、優越感を感じます。どんなにアホな踊りをしていてもね。

おまえらは、パンガン島を楽しめないんじゃーーー

というわけで、最後まで頑張って踊り狂ったパンガン島も明日でお別れです。

ま、ここで踊ってると、案内人だったイギリス人も合流してきて、ロシア人の女の子をナンパして撃沈したのは、秘密です。(;´Д`)y─┛~~
んが、そのあと、休憩してるとスイス人の女の子に手を引っ張られて、一緒に踊ったのは、全世界に発信してもいいですよ。( ̄ー ̄)
ま、踊っただけで、何もなかったけどね(´-ω-`)

スポンサーリンク
ブログランキングに参加してます。
もし、記事が役に立ったと感じられましたら、クリックをおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村 東南アジア旅
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。