ようやく着いたよラオスの首都ビエンチャン、でも速攻でバンビエンに行くよ

国境からビエンチャンまでひと悶着あったけど、無事到着。
でもね、ビエンチャンはすぐに出ることに決定。
予定だと、バンビエンに明日行こうと考えてたら、タクシーの運ちゃんが、バンビエン行きのバス停まで案内してくれたんよ。

発車時刻を聞けば、あと2時間後ぐらいに出るとのこと。
んじゃ、行くかな、とね。

大体、首都であるビエンチャンが行かんと思うんだよ。
観光スポットが、寺院ばっかりで、楽しめるものが無い。

で、出会った旅人に話を聞くと、ビエンチャンは何もなかったという話ばかり。
行くだけ無駄だよとのこと。

確かに観光スポットが寺院だけならバンコクとさして変わらない。
ということで、ビエンチャンは、スキップということに(´-ω-`)

一応、バスまで2時間以上も空き時間があったので、フラフラ散策してみることに。

あと意外だったのが、ラオスでもソンクランがあったこと。
通行中の車に子供達が、水をバシャバシャかけてて、ちょびっと和んだ。
バンコクみたいに大人がガチで遊んでる感じじゃないところがね。

フラフラ散策して到着した寺院
DSC_0865

みんなバケツに水とお花をいれて、ソンクランを楽しんでた。
なんか、バケツの水をぶっかける感じじゃなかったけど、本堂の中が濡れて滑りそうになったよ。
DSC_0873

このフラフラしてるときは、20kgオーバーの荷物をもってフラフラしてたから、さすがに誰も水をかけてこなかったのは、助かったね。
これが、バンコクだったら容赦なくかけられたんだろう。

で、2時近くになったので、バス乗り場へ。

意外とバンビエンに行く人が多くてびっくり。
ほとんどが、ヨーロピアンばかりで、アジアンは数組。
コリアンも何人か見かけて、こんなところまで来るコリアンにちょっと驚いたよ。

で、バスでバンビエンまで向かっていたら。。。

ここでもトラブルですよ(´・ω・`)

ドン。。。ガシャンとね。
バスがバイクと衝突。
最初は、何が起きたかさっぱりわかんなかったが、まわりがバイクがどうのこうの言ってた。

運転手が血相を変えて、バスの後方に走って行ってから、音沙汰なし。
何回もバスに戻ったり、どっかに連絡してたりと忙しくしてたけど、こっちには何の情報も教えてくれないから、待つだけ。
せめて何があったのかぐらいは教えてくれてもいいんじゃないかね。

んで、こんな事故があったのに、停車したバスの隣では、子供たちがソンクランでめっちゃ水浴び中w
なかなかシュールな光景だったね。

何人かの乗客が待ちきれんということで、勝手に外に出て、近くにあった商店へ。
ヨーロピアンは、自由すぎるな。
ま、私も後に続いて、外に出ましたが(´・ω・`)

そしたら、子供たちが。。。分かりますよね。
ヨーロピアンずぶ濡れ。
私は、断固拒否で難を逃れることに成功( ̄ー ̄)

と、ちょっとしたトラブルもありつつ。。。バンビエン到着ですよ(`・ω・´)

スポンサーリンク
ブログランキングに参加してます。
もし、記事が役に立ったと感じられましたら、クリックをおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村 東南アジア旅
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。