ラオスからベトナムへバイクで国境越え

さて、う○こも漏らしたし、国境越えをしますかね(´。・ω・。`)シクシク

バンビエンを出発して、5日目にしてようやく到着した国境。
本来、バスでの国境越えを1日でするのに、バイクだと5日かかったよ。

さて、はたしてバイクでの国境は越えられることが出来るのだろうか?

ま、結果から言えば、楽勝でしたよo(* ̄o ̄)o

最初にラオス側の国境で、出国スタンプをもらいます。
出国用紙にサラサラっと記入。分かんないところは、窓口のおっちゃんが勝手に書いてたっぽいから、特に問題も起きなかったね。

で、ベトナム側の国境へ、バイクを押しながらズンドコズンドコ。
なんか、中立地帯はバイクを乗ってはダメらしかった。

ベトナム側の国境では、バイクをどこに止めていいのか分からず。
建物の横にでも止めようとしたら、5,6頭ぐらいの犬に吠えたてられて、ここで旅終了かと思うぐらい焦ったよ。
アジア旅の一番の危険性が、狂犬病ですからね。

スタッフの制止により難を逃れましたが、マジビビった。

で、緊張のベトナム入国。

。。。

なーんも聞かれません。

なーんも検査されません。

ただ、パスポートにポンっとスタンプを押して終了。

私、バイクで来てるんですが、チェックしなくてもいいんですか?

と、心で思いつつ、建物から出れば、どうせスタッフにチェックされるだろうと思ってたら。。。

パスポートの再チェックのみ。
あれー、拍子抜けするぐらい何もないです。

こんなに簡単に入国してもいいのと、私は逆に不安になり、若干挙動不審だったと思います。
もうちょっと、ハプニングとか、バイクに関してめんどうな手続きやらを期待してたのに。。。
と、全く記事にならないぐらいスムーズにベトナム入国&バイクで国境越え達成です。
楽勝過ぎますo(* ̄o ̄)o

もしかしたら、ここの国境が緩いのかもしれません。
なんてったって、入国審査のカウンターに誰も並んでいませんでしたし、建物内にも訪問者は一家族のみで、閑散としてました。
今回抜けたベトナム国境は、ここですよ。

ラオス側の国境
DSC_0955

施設のスタッフと兵士っぽい人しかいませんでしたね。
入国者の一団は、駐車場にはいたが、ラオス入国組らしく、わたしと入れ違いでラオスに向けて出発してました。

ラオス―ベトナム間の中立地帯。遠くに見える建物がベトナムの建物。この坂道をバイクを押しながら下ってましたが、逆だとしんどかったかもしれない。
DSC_0956

中間らへんで、工事しているおっちゃんに声をかけられたが、ラオ語なのかベトナム語なのかさっぱり分からず、笑顔を返すのみでした。

と、ここまではスムーズにいった話。

ただ一点だけ、むかつく事件が発生。

国境について私が最初にとった行動は、国境のスタッフにトイレを借りることでした。
その間、バイクは駐車場に停めていました。
貴重品とかは、とりあえず手持ちのバックに入れての行動は心がけていますから問題は無かったんですが、ヘルメットやサングラス等は、バイクに置いていたところ。。。
サングラス無くなったーーー(´-ω-`)

駐車場自体は、出国カウンター等の建物から数十メートルぐらいしか離れていませんし、建物の近くには兵士っぽい人もいるから安全だと思ってたら、見事にやられましたね。
怪しいのは、入れ違いで出発したバスの入国者。
バイクはバスから数メートルしか離れてなかったので、バイクに置いてるものは簡単に捕れる距離だったよ(´-ω-`)

まー、所詮ラオスで500円で購入したサングラス。
無くなっても、痛くもかゆくもありません。
と思ったら、砂埃が目にいたかったー(||゚Д゚)

とね、ちょっとしたむかつく事件でした。
さいごにラオスで寄った食堂の子供の写真でも見て、癒されよう。
DSC_0948

スポンサーリンク
ブログランキングに参加してます。
もし、記事が役に立ったと感じられましたら、クリックをおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村 東南アジア旅
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。