天国の洞窟

色々とトラブルがありましたが、念願の「天国の洞窟」に到着。
道路からの入口があまりにも寂れてる感があり、一回通り過ぎましたがね。
入口からチケット売り場まで距離があり、ここで間違いないよなーと心配にもなりました。

んなことはどうでもいいが、チケット売り場で15万ドンをお支払い。意外と高い。
でも、その価値はあった(゚▽゚*)

チケットカウンターから洞窟までは、徒歩になります。
たぶん、1kmぐらいは歩いたと思います。
山道を歩くんですが、木々が生い茂ってあり、冷涼感があります。
DSC_7198

軽めのトレッキングみたいなもんです。
通常ツアーとかで参加している人は、敷地内タクシーを利用するようで、この遊歩道の隣にある普通の道路をワープしていってる。
DSC_7258

もしかすると遊歩道の入口でタクシーのチケットが買えたかもしれません。
まー、そんなに長い距離でもありませんので歩きましょう。
がしかし、帰りはこのタクシーにどんだけ乗りたかったか(´-ω-`)

のんびり遊歩道を歩いて、洞窟までの登り階段まで到着。
ここで、ルートが2つ。
階段で上がるか、わきにある坂道で上がるか。。。階段は、疲れるから坂道で行こう。

。。。(`・ω・´)

選択ミスった。
坂道は、意外と長く、ヒーヒーハーハー。
帰りは階段を選択したら、あっという間に着いちゃいましたよ。

んでもって、ようやく天国の洞窟入り口に到着
DSC_7256

入口は狭くて、頭が当たるぐらい天井が低い。
入口を見る限り、なんかしょぼそうな感じがしますね。

がしかし、その入口を抜けたらありましたよ。

天国の階段が!!!
DSC_7202

一瞬で疲れも吹き飛ぶぐらいのライトアップされた洞窟内。
全然、奥が見えない(゚▽゚*)
まさしく天国へ続く洞窟に思えてきます。

あと、洞窟内がめっちゃひんやりしてて、最高に気持ちが良かったです。
このひんやり感がなかったら、感動も薄れてたかもね。
まー、そのぐらい登ってくるのにヒーヒーハーハーで、汗びっしょりだったわけですよ。
飲水は1Lぐらい用意しましょう。

洞窟内の鍾乳洞をババッと紹介
鍾乳洞は、ともかくデカイ、デカイ、んでキレイ。
大きさが分かりずらい部分もありますが、むっちゃデカイと思ってください。

どーーーん、圧倒的なでかさ。天井まで数10メートル。
DSC_7255

さらに、どーーーん。圧倒的な存在感。
DSC_7209

つらら、堕ちてきたら即死レベルのでかさ、しかも原形をとどめないだろうね。
DSC_7223

さらに、はり、針、ハリ。
DSC_7222

まじで、広くて長い洞窟。こんな洞窟がほかにもたくさんあるフォンニャ=ケバン国立公園は世界遺産に登録されるだけはある
DSC_7220

所々でライトアップのカラーが変更されており、異世界に紛れ込んだ気分になれます。
DSC_7241

未知の生物が動いてても信じられる。
DSC_7254

FFのラスボスが出てきそう。
DSC_7249

他にもたくさん写真を撮ってまして、今見返してもワクワク感が半端ない。
これは、ぜひ生で見てほしい。
写真なんかよりも圧倒的な存在感があります。

洞窟内を行って来いで、所要時間は1時間ぐらい。
じっくりみれば、2時間。
一本の映画で味わえるファンタジーの世界がそこにありました。

もうね、言葉では表せないぐらいのどデカく素晴らしい鍾乳洞。
最高でした、大大大満足。

で、次の洞窟は。。。ないでーっす。
ここの天国の洞窟を見終わった時点で4時過ぎてまして、次の洞窟はどこも閉まってました。
あとは、無駄にフォンニャ=ケバン国立公園をぐるっとドライブして宿へ。

たった1個しか見れませんでしたが、テンション上がりまくりでフォンニャ=ケバン国立公園まで足を延ばしてよかったです。
意外と日本人はフォンニャ=ケバン国立公園を訪れる人は少ないらしくもったいない。
たしかに、ハノイからもフエから遠く、ココだけの観光のために1日つぶすのは、日程的にきついかもしれません。
が、ここに来る価値はあります。
自然が作り上げた神秘の世界があります。
ぜひ、ご検討してみてくださいな(`・ω・´)ゞ

スポンサーリンク
ブログランキングに参加してます。
もし、記事が役に立ったと感じられましたら、クリックをおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村 東南アジア旅
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。