ダライヌアの滝に行ってきたよ

本日はバイク移動とダライヌアの滝を合わせて行動してみました。
結論、バイクの長距離移動+観光はしんどい。

いつもなら、バイク移動してから次の日に観光地へ遊びに行くスタイル。このサイクルだと疲れずに観光出来ますが、バイク移動の途中に観光地を絡めると疲れも倍増。

とりあえず、ダライヌアの滝へワープ(゚▽゚*)

場所はここ

バンメトートっていうコーヒーで有名な本社がある町の郊外にあります。
この町でコーヒーを一杯飲もうかと考えてたが、どこに有名企業の本社があるのか忘れたのであきらめました。
が、ここで食べた昼飯のカレーうどんがむっちゃうまかった。
久しぶりに当たりの麺類。勝手にカレーうどんだと思ってますが、本当のところ料理名は分かりません。

そんなことは、さておきダライヌアの滝。
ダライヌアの滝は落差30m、幅150mと巨大な滝。
今まで日本のチョロチョロとした滝しか見たことがない私にとって、想像が出来ない大きさ。
幅150mってどんだけ広いねんヾ(;゚(OO)゚)ノ
がしかし、近年滝の上流にダムかなんかを作ったおかげで、水量不足で昔ほど広く流れてないらしく、さらに私が観光した時期は乾季の終わり。
あんまり、期待は出来ません。

前置きは、このぐらいでチケット売り場のカップル
DSC_7260

カップル爆発しろo(* ̄o ̄)o

チケットを購入すると自動的に無料コーヒーのチケットが貰えます。
これを敷地内の喫茶店で渡すと
DSC_7261

小さな紙コップのコーヒーと交換してくれます。
バンメトートは、コーヒーで有名だからおいしいかと思いきや普通(´・ω・`)

敷地内にはでかいお土産屋さんもあって、最初はそちらでコーヒーを交換しようとして出来ずにちょびっと迷ったのは内緒。
あと、敷地内の芝生で地元の人が滝の観光もせずに酒盛りをしていたのが衝撃。
20人ぐらいで飲んで騒いでおり、無茶ぶり気味に絡んでくるのは勘弁。

最近思うことがあり、英語話せないなら絡んでくんなよ(`・ω・´)
英語が通じないと最終的に微妙な空気になって居たたまれなくなりますからね。

で、滝へトコトコっと道ながら行けば。。。

どん
DSC_7266

水量が微妙かな?
滝の音はゴーゴーいって期待をあおりますが。。。

どん
DSC_7271

写真だと左側の水量は完璧なんだが、右側にいくにつれ微妙な量。
でも、リアルにみると水量はすさまじく圧倒されます。

されに滝の近くまで寄れるようなんで行ってみることに。

どん
DSC_7312

さすがに一番水量が出てる滝下までは、行かれないみたい。が、ここでも十分滝の癒し効果を味わえました。

ついでにほかの観光客が写真撮影をしてたので

ぼん
DSC_7281

女の子ばかりは、いいですね、混ざりたい( ̄¬ ̄*)
写真を撮ってたのは、男だから、そいつは爆発しとけ。

ダライヌアの滝には他にも滝があるらしく、そちらに行ってみることに。
がしかし、乾季なためなのか次の滝はさっぱり水量がありません。
DSC_7337

頑張って道なき道を行ってみたのに残念。
仕方が無いの別角度からダライヌアの滝をもう一度

どん
DSC_7323

右下においちゃんが何かしてる。
魚でも釣ってるんだろうかね。

このあと、英語がめっちゃうまいおじちゃんと話ながら出口まで行きましたよっと。
日本とベトナムについて簡単に話しました。
日本は有名な会社がたくさんあり、経済規模がデカく優良な国だねとおっしゃってましたが、否定しときましたよ。それは昔の話で、いまは経済に勢いはなくベトナムのほうがどんどん成長しており、夢があるんじゃないんですかねと。
おじちゃん納得して、ベトナムは昔に比べてここ最近の成長は著しいとか何とかおっしゃってました。
あー、ベトナムみたいな成長中の国に生まれたらどんなんだったんだろうか?
ま、私は日本に生まれて最高だと思ってますがね( ̄ー ̄)
たぶん、日本は世界一恵まれた国なんじゃなかろうか。

と、脱線しましたが、以上がダライヌアの滝。

このあと、国境目指してさらに南下中。

スポンサーリンク
ブログランキングに参加してます。
もし、記事が役に立ったと感じられましたら、クリックをおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村 東南アジア旅
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。