セレンディピティ・ビーチでバーベキューからの宴

晩飯がてらにセレンディピティ・ビーチ方面へ散策。
ヨーロピアンが好きそうなレストランが立ち並ぶ中、値段を確認すると微妙に高い。
そのまま、安そうなレストランを探したが見つからずにビーチまで到着しましたよ(´-ω-`)

が、幸運なことにビーチ上にバーべミューのお店がずらり並んでます。
値段はどこも同じで$5。
お店の特色をだすため各店で3種類の具材から選ぶ方式で、各店それぞれ違った具材を用意してます。
まー、そこまで各店で具材に違いはなかったのが本当のところですが、唯一マグロがあったお店に決定。

もちろん食事をする場所はビーチ上に並べているチェアーにお手軽なリゾート気分が味わえる場所です。
あいにく写真はありません。
そういえば、タオ島のビーチバーに雰囲気は似ていますね。
あー、懐かしやタオ島。
(そういや、元相方のアイバンはオランダに帰れたんでしょうかね。)

バーベキューと名乗ってますが、実際に目の前でバーベキューをするわけではなく、先にドリンクを飲みながら料理を待ちます。
料理が出来上がるのは、20分ぐらいですかね。
今回注文したバーベキューは、マグロとエビ、ポーク( ̄¬ ̄*)
これにマッシュポテトとサラダがついてました。
十分な量です。
目の前に海、テーブルにはキャンドル、ミュージックも多少聞こえつつ、波の音も。。。

シアヌークビルで晩飯を探しているならセレンディピティ・ビーチのバーベキューはおすすめ(゚▽゚*)
バーベキューの味も普通です。
ビールは1ドルから。
でも私が飲むカクテルは微妙に高い(´・ω・`)

満足したディナーでした。
3杯目ぐらいを注文した時に、物売りのおばちゃんがランタンとか花火をもって売りに来ましたよ。
ランタンに興味があったので値段を聞いてみると$3。
とりあえず、値切るのは当たり前ですよね( ̄ー ̄)

(゚▽゚*)$2

(* ̄▽ ̄)ノ~~<OK

え~、一発で交渉が成立してしまった。
値切ってしまったぶん買わなければならん(´-ω-`)

ランタンをご存じでない方はグーグルの画像検索でみてみるとわかりやすい

紙風船みたいな感じで、風船の中に火があり、それが推進力として風船が中に舞い上がる仕組み。
いつかチェンマイのランタン祭りには行ってみたいんですよね。

んで、購入したランタンをさっそくあげてみることに。
やり方は売り子のお兄ちゃんから手ほどきをしてもらいます。
ランタンに火が点火されてもなかなか紙風船は舞い上がりません(゚▽゚*)

だんだん紙風船が膨張してきたら売り子のお兄さんの合図でランタンから手を離すと。。。
一瞬ランタンが下がって失敗かと思ったその時、横移動しつつ粘りますヾ(;゚(OO)゚)ノ
その数秒のちに見事に空に向けてあがっていきましたよ。

このランタンには全く期待してませんでしたが、大満足。
そのまま天高くまであがっていき、最後の輝くとともに消え去るその姿は美しいの一言です。

ちなみに私達がランタンを上げてから他の場所でもランタンがどんどん上がりましたね。
皆さん、どんなもんか分からずになかなか手が出なかったのでしょう。
それが、私達が上げたことで面白いと判断されたのかな?

まー、このランタン体験で気分が盛り上がったので花火も購入しちゃいましたよ。
が、これは失敗。
手持ちの打ち上げ花火なんですが、20連発ぐらい出来る代物。
最初の5発までは楽しかったが、連発数が多すぎる、後半は飽きてしまったよ(´-ω-`)
花火よりランタンのほうが面白いです。

ということは、もっぱつランタンを購入しました。
しかも、今度は1ドルで(゚▽゚*)
そろそろ、帰るかと思ったところに売り子が残り1個のランタンを持ってきたので、ダメ元で

(゚▽゚*)$1

(* ̄▽ ̄)ノ~~<OK

え~、一発で交渉が成立してしまった。
最初のランタンも1ドルになったかもしれんなヾ(;゚(OO)゚)ノ

んで、2発目のランタンも無事に空高く舞い上がります。
やっぱ、ランタンは綺麗で面白いわ。

大満足のディナータイムでしたよ。

ついでにセレンディピティ・ビーチのバーエリアまで行って、ファイアーダンスショーも見学したり、フリードリンクを飲んだりして、大分酔っ払ったところでご帰宅。

シアヌークビルの夜はセレンディピティ・ビーチへ行けば楽しめます(`・ω・´)

スポンサーリンク
ブログランキングに参加してます。
もし、記事が役に立ったと感じられましたら、クリックをおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村 東南アジア旅
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。