バイクでシェムリアップに到着

昨日は、バイクトラブルに見舞われてプレアヴィヒアの近くの町で1泊することに。

で本日は、カンボジア最終目的地シェムリアップに到着しましたよ。
途中でコーケー遺跡なるピラミッド型の建造物も観光しつつのバイク旅。

プレアヴィヒアからシェムリアップの道路は、むっちゃ整備されておりガンガンスピードを出すことが可能でした。
昨日のエンジンのクリーニングもあり、この旅始まって以来のハイスピード走行を実現。
やっぱ、バイクは速度が出ると気持ちがいい(`・ω・´)
DSC_1565

途中で、雨にも降られて小休止
DSC_1579

しかも、2回も雨にやられた。
だが、雨で遅れながらもシェムリアップには夕方ごろに到着。
時速換算だと60km/hは出ていたんじゃなかろうか。
ベトナムでも整備が整っている道路以外では、この速度は出せません。

もう、旅は最終戦になろうとしているところで、ようやくバイクの運転に慣れてきましたね(´・ω・`)
あとバイクでの長距離移動する予定は、シェムリアップからタイの国境まで乗るか売るかのどちらかで、今更バイクの運転技術が向上しても。。。

さて、こーケー遺跡は別ページで紹介します。
シェムリアップに到着後、さっそく安宿探し。
シェムリアップには日本人宿が5個ぐらいあり、どこも特徴のある宿みたい。

古くからある安宿はタケオゲストハウス。
たぶん、一番人気でシェムリアップから郊外の遺跡(ベンメリとかプレアヴィヒア)へのシェアをするのに便利なクロマーヤマト。
クロマーヤマトのサイト
ハンモック付きの休憩スペースとwifi環境が良さげなリラックス&リゾート。
リラックス&リゾートのサイト
wifi環境最高のシティプレミアム。
シティプレミアムのサイト

どこにしようか悩みどころでしたが、リラックス&リゾートさんのハンモック付き休憩スペースが、魅力的に映ったのでここにすることに。
若干中心部よりも外れていますが、私にはバイクがあるので問題なし。
あと、いろんなサイトでむちゃくちゃおススメされていたというのも決めて。

ということでリラックス&リゾートさんへ行ってみると。。。

大停電中。。。
しかも、いつ復帰するか分からんとな。
まー、初日ぐらい電気が無くてもいっかな?
と思ったら、数日復帰しないかもしれんと言われてあきらめることに。
さすが、カンボジア、生活の大動脈である電気すらすぐには復旧作業にはいらんとは。

で、他の宿を探さなければ、んが次の宿の地図が無い。
リラックス&リゾートさんに泊まれると思っていたので、次の候補の場所を調べてなかった。
仕方が無いから、そこら辺にいるトゥクトゥクドライバーにwifiのパスワードを聞くことにしましたよ。
よくホテルの前とかにパスワード付きのwifiが飛んでいますので、大概のドライバーは勝手に利用しているはずだと推測したら、まさしくビンゴ。
さすが、暇人ドライバーたちは暇つぶしの方法をよくご存じで(゚▽゚*)

んで、次なる候補シティプレミアムさんとクロマーヤマトの場所をゲットして向かうことに。
ドライバーはしきりにタケオゲストハウスを連呼していたけど、古いゲストハウスには用はない。
オシャレ度でいえばシティプレミアムさんに軍配があがるはず。

んで、シティプレミアムさんでは、停電はしていません。
今回の停電は一部の電柱が、昼間の風雨で壊れたらしい。そのため、リラックス&リゾートさんのエリアのみの停電になったみたい。

シティプレミアムさんのオーナーはバリバリの日本人で、さっそくお部屋に案内してくれましたよ。
シティプレミアムさんには、ドミトリーとシングル、ツインの部屋があり、ドミトリーは5ドル、シングル10ドル。
宿泊料金は時期によって変わるかもしれませんので、サイトのほうでご確認ください。

私が泊まった部屋はシングル。
ドミトリーなんか今更泊まれません。
部屋の感想は大満足。
ホッとシャワーがでますし、部屋までwifiが飛んでる、部屋の空間は清潔さが保たれたシンプルな感じ。
久々にデメリットが無い宿です。
これで、朝食もついてるから満足できない人は、アジアは観光できないかセレブな人のみでしょうよ(`・ω・´)

スポンサーリンク
ブログランキングに参加してます。
もし、記事が役に立ったと感じられましたら、クリックをおねがいします。
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村 東南アジア旅
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。