結家に拠点移動

9:00 起床
本日は遅めの起床です。特に観光する気がなかったので、のんびり起床。
起きた時点で、次の宿泊先が決まっていませんでしたから、チェックアウトの準備をすすめつつ、スタッフの方におすすめの宿を聞いたところ。。。
「結家」が北部のゲストハウスでは有名とのこと。
この時、ほんと聞いてよかったです。聞いていなかったら、候補から漏れているところでした。
一応、北部のゲストハウスで何点か候補を絞り込んでおり、毎日BBQしているところや小宇利島大橋という大きい橋で本島とつながった島のゲストハウスにしようか迷っていました。
その中で、結家もチラッとサイトを見ましたが、あんまりいい写真が載っていなくて、立地は海の目の前だということが分かっただけで、綺麗そうには見えませんでした。
んでも、現地のスタッフがいうのだから、それを信じて第一候補といて予約の電話を入れたら、運よくドミトリーの予約ができました。
あとから知るんですが、ここの結家は、オンシーズンだと予約が取れなくなる大人気のゲストハウスみたいです。mixiのコミュニティとかも活発みたいで、旅人の出会いの場らしいです。
さて、結家はあとでたっぷりと紹介するので4日目のレポート。
11:00 レンタカー屋へ
11時にレンタカー屋のおいちゃんが来たので、いざ出発。
これで、リトルアジアとはおさらば、可もなく不可もなく、初めてのドミトリーの宿泊としては、いい経験になったと思います。
レンタカー屋で48時間レンタルし、いざ、北部へ出発。
4日目は、雨だったので、国道58号線でドライブがてらという気分じゃないため、高速でワープ。
今なら高速料金無料中(2011.04)
沖縄の高速は込むと聞いていましたが、そんなことはなく、順調に高速走行実施中。雨なんか関係ないよー。
いやー、4年ぶりぐらいの車の運転ですが、沖縄の道路はドライブしやすいです。
ということで、1時間ぐらいで高速の北部最終端、許田ICで一般道へ。このぐらいで雨も上がりだんだん天気が回復してきました。
そっから、1時間弱ぐらいで結家付近へ移動。こっから、ちょっと大変でしたね。道がわからなくて。。。こっちじゃね、あっちじゃね、と田舎道をウロウロ。
そこで、ようやく結家の誘導看板を発見してなんとか到着するんですが、看板の誘導通りに車を走らせていると、なんかあり得ない道にどんどん進んでいきます。
その道が正しいんですが。。。お墓?ヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ
DSC_2950-1.jpg
お墓の横を通り過ぎ、舗装されていない道を突っ走り、雨の水たまりで車は泥だらけ。。。インディジョーンズが乗りそうな車の汚れ具合になりました。
13:20 結家 到着
到着してみての感想。
「サイトに載っていた建物のゲストハウスとちげーよ」(゚▽゚*)
それもそのはず、今年に移築したばかりの新築出来たてホヤホヤ。んが、まだ建築途中の部分が残りまくりな素敵なハウスでした。
DSC_0978-1.jpg
真ん中工事中。こんな工事現場だと気持ちいいんじゃないのかな?
DSC_0982-1.jpg
海側
DSC_2115-1.jpg
毎喫煙タイムは、ゆりいすに揺られながら海を眺めるのが最高の幸せでした。
ちなみに、左側の窓のあるところが個室で、ちょろっと見させていただきましたが、まさしくオーシャンビューな個室。こんなところで毎朝起きれるなんて信じられません。
個室がおすすめですよ。
海から
DSC_2161-1.jpg
徒歩数十秒の海
DSC_2145-1.jpg
もう一つのプライベートビーチ&洞穴付き
DSC_2150-1.jpg
写真じゃ、わからない良さがまだまだある素晴らしいロケーションの結家。
着くまで、不安でしたが、着いてみれば、即来てよかったな、と思えましたね。
んじゃ、さっそくチェックイン。
案内してくれたのがこの人。なかなか、いい好青年でしたよ。他のスタッフからいじられていましたけど。。。
ドミトリーの写真撮り忘れた―、しまった、しまったヾ(;゚(OO)゚)ノ
とりあえず、リトルアジアとは雲泥の綺麗さでしたね。もうね、ゲストハウスのイメージとはかけ離れた綺麗さで、オーナーの厳しさなのか、スタッフの努力なのかはわかりませんが、素晴らしいの一言です。
んがしかし、男女共有なため、女の子がドミトリーに止まるのは、躊躇しやしないかな?
慣れた常連客の人は、普通に止まっていましたけど。。。
案内中に、夕食会なるものが8時から開催されるとのこと。
システムは、一品おかず持ち寄りとのこと。あとで、知り合う別のスタッフさんからスーパーでお惣菜を買って持ってくればいいとのこと。
旅先で飯を作るのがめんどくさいので、料理できないことにして私は、お惣菜を持ち寄ることに。相方は、肉料理を作っていました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です