残波岬でサンセット

ダイビングも楽しんだ、あとはサンセットを見に行きますか。
といわけで、サンセットが綺麗に見えるスポットには残波岬が近くていい感じらしいので行くことに。
それと、ダイビングショップをでるときに、インストラクターのおねーさんが、近くのちんすうこうのおいしいお店を教えてくれました。
残波岬にいくついでによって出来たてのちんすうこうを試食させていただくことに
DSC_0323-1.jpg
ここに来るまで、ちんすこうを舐めていました。出来たてのちんすこうは一度食べてみるといいですよ。
お土産には、まだ早かったけどちんすこうのおいしさに負けて4種類16個入りのちんすこう500円のところをまけてもらい420円で購入。さらに単品のちんすこうを一個もらっちゃいました。
18:00 残波岬
残波岬に20分ぐらいで到着。
ここには、灯台があって大人200円で入れるはずが、行った時刻にはもう営業時間を過ぎていました。
ここからの眺めは東シナ海を一望でき、サンセットにちょうどいいポイントです。
DSC_0340-1.jpg
4月の沖縄の日没は19時ごろなんでもう少し時間がありましたが、景色以外にすることがない。。。
んがしかし、ボーと景色を眺めて、ダイビングの疲れを癒すのもまたよい(゚▽゚*)
残波岬のサンセット2
DSC_0351-1.jpg
残波岬のサンセット3
DSC_0347-1.jpg
残波岬のサンセット4
DSC_0376-1.jpg
2日目はあいにくの曇り空で海に沈む太陽は見られず、途中で雲の中に入ってしまい残念。
最後に、残波岬の公園にあった銅像とサンセット。
DSC_0391-2.jpg
さて、サンセットも堪能したし、那覇に戻ります。
ここから那覇のリトルアジアまで1時間。相方に運転は任せて、私はのんびりお昼寝ターイム(´-ω-`)
20:00 居酒屋へ
晩飯は、国際通り沿いの居酒屋へ。
写真を撮るのを忘れましたが、島豆腐のもちもち感がすごくおいしかったです。
他にもチャンプルなど沖縄料理を食べました。特に異色なものもなく、満足できる味でした。3000円。。。豪遊しちゃいました。
さて、グダグダと24時まで飲み続けてリトルアジアに帰還。その後、リトルアジアの屋上BARで1杯ひっかけてご就寝。
二日目の費用
宿代:1200円
レンタカー:2100円
ダイビング:7900円
昼飯:500円
琉球村:1260円
お土産:420円
晩飯:3000円
その他:1000円
合計:17380円
使いすぎたorz

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です