沖縄最北端の岬 辺戸岬に行ってみた

本日のメインイベントもこなしたが、まだ時間が有り余っています。
5日目ぐらいになると、大分沖縄に慣れてきたというか、周るポイントがなくなってきたというか。。。
テーマパーク的なところも興味を失っていたので、一路本島最北端の岬へハンドルを切ってみました。
15:00 辺戸岬
小宇利島から1時間ぐらい、途中、助手席の私は記憶を飛ばして、相方に怒られる始末。
海は綺麗だけど、飽きちゃいました(´-ω-`)
とりあえず、最南端の岬と最北端の岬を制覇すれば、沖縄縦断したことになるので目指して到着。
DSC_2866-1.jpg
おじさんが写ってるけど、気にしないでね。どいてくんねーんだもん。
辺戸岬も断崖にあって、それはそれは絶景でした。んがしかし、エメラルドグリーンと言うよりも荒ぶる海という感じの景色です。
DSC_2836-1.jpg
))))))))))))))ザッパーン、ザッパーン( ̄ー ̄)
DSC_2899-1.jpg
飽きた(´-ω-`)
DSC_2903-1.jpg
ついに来てしまった。5日目にして景色に飽きてしまった。
いつもの日常から離れて、日々観光スポットを巡り、日常では体験しないこともやってきた5日間。
それが、最北端というある意味、本島の最終ポイントに到達して、景色に対して不感症を起こしてしまいました。
まー、辺戸岬に岬以外の何もないのがいけないんですがね。せっかく来たのに景色以外は、観光客は少なし、寂れてるし。。。
もういいや、ということで辺戸岬を後にすることに。
距離を考えると、テーマパーク的な所によって時間をつぶすと結家の夕食に間に合わなくなるかもしれないので、もう帰ろうかと話していましたが、ついでに芽打バンダという断崖ポイントが車で5分のところにあるので行ってみることに。
15:40 芽打バンダ
到着。
海側
DSC_2922-1.jpg
真上から
DSC_2937-1.jpg
吸いこまれそうな高さにあり、下までの距離感がつかめませんでした。
相方に
「とんでみっか?」
と提案すると
「一人でどうぞ」
とのこと。つれないねー。
で、5日目の観光は終了。この日は絶好のいい天気だったので、もう少し観光ルートを考えればよかったと悔いが残る一日でした。
海に本格的に入っとけばなー、それか、リバートレッキングをしとけばよかったかなー。うーん、意外と最北のほうは観光スポットがないから一旦行くと決めたら一日がつぶれるようなスポットで遊ぶのがいいと思いますよ。そうじゃなく、いろいろと巡ってるとドライブの時間が長くて、飽きちゃいます。
17:50 結家帰宅
さて、ドピューンと結家へ、私はZzzzzz(´-ω-`)
途中で、今晩の夕食会用の食材を購入。今晩は、やきそば作りますよー。
作る前にサンセットを今日こそ綺麗に撮ろうと、いろんなポイントから パチリΣp[【◎】]ω・´)
DSC_2976-1.jpg
結家と夕日
DSC_2981-1.jpg
海と夕日
DSC_2992-1.jpg
おしい、地平線に沈む前に雲の中に隠れてしまい、海に沈む夕日が撮れなかったヾ(;゚(OO)゚)ノ
それでも、いいサンセットが撮れたので満足♪満足♪
じゃ、飯を作りますか。キャベツを切ってー、人参炒めて―、うん?焼きそばに人参って入ってたっけ?どうでもいいやー♪肉をいためて―、そばを炒めて―、あとはソースをかけるだけ。楽勝ですな。
今晩の夕食会も大変楽しいものでした。
さらに、本日は、那覇でバーテンダーをやっている馴染みのゲストが来ているみたいで、カクテルパーティーも催していました。
料金はなくて、チップみたいな感じでカクテルを作ってもらいましたが、どれもおいしかったです。単なる居酒屋で飲むカクテルと違い、目の前でバーテンダーが作ってくれるカクテルのおいしいことおいしいこと( ̄¬ ̄*)
チップ箱にお札を入れてしまったよ。決して、隣にかわいいスタッフの女の子がいたから、お札を入れたわけじゃないですよ、カクテルのおいしさに完敗したから入れたんです(/ェ\。))((。/ェヽ)
そんなこんなで、夜も更けていきましたとさ。ごちそうさまでした。
5日目の費用
宿代:2000円
レンタカー代:2100円
今帰仁城跡:400円
昼飯:1000円
晩飯:500円
チップ:1600円
その他:1000円
合計:8600円

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です