沖縄初の離島、水納島に上陸

6:30 起床
6日目が始まるよー
5日目にして、ついに沖縄の景色に飽きてきちゃいましたので、6日目は離島に行くことに決定。
沖縄に来たなら、離島の一つや二つは行かねばならんと思っていました。
あとは、どこに行くか迷っていましたが、北部から行くなら水納島か伊江島のどちらかがお勧めと言うことで迷いに迷いました。
伊江島は田園地帯や断崖絶壁などの景観が見どころの周囲22kmの島で、真ん中にタッチューと呼ばれる標高172mの山もあります。
というガイドを読んで、景色は飽きたし、交通のアクセスにいろいろと出費がたかそうということで水納島に行くことに。
水納島は、周囲5kmの小さい島で歩いて一周できそうなぐらい小さい島。別名:クロワッサンアイランドとも呼ばれる三日月の形をした島です。観光ポイントは、ビーチとシュノーケルみたいです。
水納島に行くことに決定して、あとはフェリーの時間。ここで大きなミスを私はしてしまい朝6時半という過酷な時間に起床。
ミスとは、朝一のフェリーが出向する時間が8時だと思っていたこと。本当は、10時出航。
水納島に行くには渡久地港から乗り込むことになるんですが、サイトで出航時間を調べたときに水納港からの出航時間を見ていたようです。ごめんよ、相方君ヾ(;゚(OO)゚)ノ
朝の7時半に一旦渡久地港に着いたとき、出航時間が早すぎることに気付いて、一度結家に戻り、再度9時半に渡久地港へ。。。
10:00 フェリー出航
往復乗船料に1680円也ー
DSC_3061-1.jpg
久々のフェリーで若干テンションが上がりました。んがしかし、20分程度で到着。ハヤッ(´-ω-`)
水納港すぐ隣が水納ビーチでしたが、お腹が減っていたので、水納島の中腹部に行くことに。
DSC_3145-1.jpg
歩いて1分?
一本道しかないからわかりやすかったが、まだ飯屋は開店していなかった(´。・ω・。`)シクシク
あとで、島内をウロチョロするんですが、島内には飯屋は一軒しかないようです。しかも、メニューは沖縄そばのみ。
仕方がないから、一旦水納港に戻って、海側から島を一周することに。
DSC_3147-1.jpg
水納ビーチを横切り、(誰も水着になっていないので)、島を反時計回りにブラブラと。。。
見つけました天然のラブホテル。
DSC_3164-1.jpg
周りは岩で囲まれており、絶好の隠れ家的洞窟。どれほどの人たちが、この天然のラブホテルを利用したのやらと妄想に取りつかれつつ、どんどん岩の上を進んで行きます。
DSC_3177-1.jpg
がんばって、30分ぐらい歩いてみましたが、断崖の割れ目が出来ていて先に進めなくなっていました。
あとで、島の人に聞くんですが、陸上から島を一周するのは困難だけど、時計回りなら半周できるとのこと。
断崖で先に進めないの島一周はあきらめて水納ビーチへ引き返すことに。
ちなみに天然のラブホテルは、他に3個ぐらい見つけました。なかなか写真を撮れる位置にはなかったので写真はありませんが、女の子と水納ビーチへ行くなら海側から泳いで行くと天然のラビホテルに入ることができます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です