青の洞窟で体験ダイビング

琉球村にはがっかりさせられたけど、本日の本命、青の洞窟への体験ダイビングへ行ってみよー(`・ω・´)
14:00 ダイビングショップ前
予約は2時半からでしたが早くについてしまったので、近くの海を散策。
DSC_0307-1.jpg
沖縄の海ってホント、変わった岩が多く海の上に乗っかってる感じで面白い。
どうやって出来たんだろうと考えると、自然って不思議だね。
答えは、波で削られて出来たみたいですよ。
さて、2時半になったので改めてダイビングショップのラピスさんのところへ
DSC_0302-1.jpg
今回、青の洞窟まで案内してくれるイントラクターの女性に挨拶をして、書類にサイン。
手続きが終われば、さっそくダイビング講習の始まり始まり。。。
呼吸の仕方に、手サインと、耳抜きまでは、覚えました。
意外と、呼吸器を口に含みながらの耳抜きは難しいです。口は開いてる状態で、鼻に呼吸を詰まらす感じでやるとなぜか口から息を出してしまいます。
それでも、何度も練習してどうにかできるようになりました。
ま、私は実践に強い男の子だから講習の半分は聞き流し。。。ほんとは、めっちゃ真剣に聞いておりました。
講習が終わると、ウェットスーツにお着替え。ウェットスーツを着込めば、あら不思議、私もいっぱしのダイバーに見えてしまいます。
相方はバカずら下げてますが、お互いニヤニヤが止まりません。
ウェットスーツに着替え終わったら近くの港までバンで移動。
3分もかからず到着してすぐにボートに乗り込み、いざ青の洞窟へ。。。
青の洞窟付近まで10分ぐらいかな?
ワクワク感とドキドキ感でニヤニヤがMAXに。
だがしかし、この日はあいにくの曇り空。水温も若干低めで20℃ぐらいだったかな?
ウェットスーツを着込んでも肌寒く感じて、水中だとどうなる事やらと一抹の不安を覚えていました。
私の不安とは裏腹にさくっと青の洞窟に到着してみると、意外とたくさんの人たちがダイビングやシュノーケルをしています。
特にシュノーケル組は2,30人ぐらいいたんじゃなかろうか。
私たちのボートは貸切で相方とインストラクターさんに船長さんの4人でしたが、他のボートにはお客さんが6人とか10人とかのっていました。
青の洞窟前についたら、先に相方が海にドボン!!!
続いて私も体におもりをつけて、ライフジャケットへ空気を入れ、海へドボン!!!
海に入った瞬間は水の冷たさを感じましたが、すぐに慣れました。
ライフジャケットのおかげで、海に飛び込んでも水中には勝手に浮くので安心です。
で、最初は青の洞窟の前まで一人ずつ連れて行かれるんですが、先に海に入った相方を押しのけて、私が先に海の中へ。。。
まずは、海の中で、ダイビングの基本ができるかの確認をします。
呼吸の仕方とか、手サイン、耳抜きなんかをサクッとして問題なければ、青の洞窟の前で相方を待ちます。
この、相方を待っている時間、インストラクターさんは、相方を迎えに行くため私一人で海中の岩につかまっていましたが、とーーーんでもなく長く感じました。
ここで置いてけぼりを食らうんじゃいのかとか、インストラクターさんが、私の位置を忘れてしまったんじゃなかろうかと。
たぶん、5分ぐらいで相方をつれてインストラクターさんはやってきました。んがしかし、とっても心細かったです。
さて、相方の海の中でダイビングの確認をして、問題なさそうでしたので、いざ本番の青の洞窟へしゅっぱーつ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です