月光荘に泊まってみた

8:00 起床
レンタカーを11時に返却しないといけないから、結家を9時ごろチェックアウト。
あぁー、出たくない、出たくない。
本当に、素晴らしい環境でした。
ハウスの目の前に広がる綺麗なエメラルドグリーンな海。
綺麗でおしゃれなドミトリー部屋。
毎朝のゆり椅子に座っての、タバコタイム。
楽しい夕食会。
かわいいスタッフの女の子(年上でしたけどね。お笑い担当の人に確認済み。でもこのお笑い担当の人も間違った年齢を記憶していた。さすがは適当男)
他にもたくさんいいところがあり、上げたらきりがありません。
がしかし、旅たたねばなりません。涙を堪えて出発。で、女将さんやスタッフさんが、外までお見送り。今回、ゲストハウスを4か所泊まり歩きましたが、外まででて見送りがあったのは、結家のみでした。
さて、出発して那覇までワープ。
11:00 レンタカー返却。
とりあえず、本日の宿に荷物を置きに行きます。
本日の宿は、「月光荘」。
結家を出る前に最後のゆり椅子タイム中に仕入れた宿情報。
沖縄のゲストハウスの老舗中の老舗で、那覇で交流するゲストハウスならここが一番いいらしい。
ということで、行ってみますか、月光荘。
DSC_3776-1.jpg
うん、入り口でフリーズ。。。こんな所に入り込むのか?
沖縄の細道?。。。恐る恐る、侵入。。。
(||゚Д゚)ヒィィィ!
入口&受付
DSC_3787-1.jpg
ドミトリー
DSC_3775-1.jpg
ゆんたくの場所
DSC_3786-1.jpg
木造の古民家を改装した作りになっていて、趣のあるゲストハウスでしたー。
さて、荷物も置いて、昼飯です。ラーメンです。沖縄そばではありません。沖縄そばはもうお腹いっぱいです。
DSC_3771-1.jpg
ラーメン撮り忘れた。私が注文したのは、琉球塩ラーメン。あっさりした味わいでしたが、おいしくいただけました。700円也ー。
DSC_3767-1.jpg
相方のは忘れた。魚肉系のこってりな味だったと思います。
お腹も一杯になったけど、本日はあいにくの雨だったため観光やその他の行動は一切せず、月光荘でひとときの休息。
休息で暇を持て余すのも勿体ないので、月光荘のスタッフさんやらお客さんと絡むことに。
沖縄楽器の三線を引いてるお客さんに絡んでみた。3か月ぐらいなのにそれなりに弾けてる。うらやましい。
このお客さんから一階にいるクマみたいな子が三線が上手だから弾いてもらうと良いよとのこと。早速、一階へ。
いたッ、いたよ。でも、女の子。失礼だろ、あのお客さん、クマみたいって。うん、絡んでみることに。
すげー、うまい。
ついでに三線を習ってみました。
ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド
指が、指が動かない。意外と難しい。弦が3本しかないから簡単かなと侮っていました。
そんなこんなで、ちょろっと三線を習ったり、ビールをごちそうになったり、いい暇つぶしになりました。
7:30 夕食会
月光荘の夕食会は500円を払って、スタッフさんが作る夕食を皆で食べるシステムでした。
夕食会の最初のほうは、遠慮気味でしたが、だんだんお酒が入ってきて馬鹿騒ぎに。。。なぜ、あなたは上半身裸なんですか?
他に先ほどのクマみたいなおん。。。三線がうまい女の子が三線片手に沖縄民謡を歌ったり、スタッフの男の子が組んでいるバンドの歌をギター片手に歌ったりと、他の宿泊者から苦情は来ないのかと心配するぐらいの騒ぎでした。
24時ぐらいにこのまま飲み続けるとさすがに明日がまずそうなので退散。聞くところによると、いつも夜中の3時ぐらいまでは飲み続けるみたいです。
月光荘は、なかなか個性的なゲストハウスでした。一旦絡むと場から抜け出せなくなります。
以上、7日目終わり。7日目は、移動と天気が悪かったので観光は無しでした。が、旅行者同士の交流もまた旅の思い出かな?
7日目の費用
宿代:1500円
昼飯:700円
晩飯:500円
お酒:1250円
その他:1000円
合計:4950円

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です